アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用関連でつぶやきます。「生き物探訪」記事もSEOのショーケース。

珍獣度を推し量るものさし(1目1科とか1科1種とか)

「珍獣度を推し量るものさし」について、以下の目次で記載します。

 「世界三大珍獣 説のはじまり 起源」投稿から10カ月

ジャイアントパンダ、オカピ、コビトカバが世界3大珍獣とされた由来については、いまから10カ月ほど前の2018年4月に、以下リンク先に記しました。

www.ariescom.jp

1.いわゆる「世界三大珍獣」とは、ジャイアントパンダ、オカピ、コビトカバのこと。
2.「世界三大珍獣」説は、1960年に上野動物園に初めてコビトカバが導入されるにあたり、動物学者の高島春雄先生が唱えた。
3.上野動物園がコビトカバを導入する以前から世界三大珍獣が定義づけられていた訳でなく、上野動物園が三大珍獣を揃えようとコレクションした訳でもない。

また、「〇〇のいる動物園」「〇〇のいる水族館」の投稿を重ねていると、1科1種とか1目1科とかで珍獣度が語られていることに気づきます。

もっと”科学的”に珍獣度を推し量れないものか

そこで、世界三大珍獣ではなく、もっと”科学的”に珍獣度を推し量れないものかと、このあたりをまとめたく思っています。

まず、検索して興味をそそられたのが、Yahoo!知恵袋のこちらの投稿です。

それにしても、イチョウが一綱一種の珍しさというのには驚きました。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

(分類用後: 綱>目>科>属>種)

哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類では、以下ののような情報となります。

1目1科1属1種:ツチブタ、チロエオポッサム(ミクロビオテリウム目)。

1目1科1属2種:ムカシトカゲ(ムカシトカゲ目)。

1科1属1種:カモノハシ、プロングホーン、ツバメケイ、ヘビクイワシ、スッポンモドキ、ガビアル(ワニ目)、メキシコジムグリガエル。

センザンコウは?

では、センザンコウは?というと、

センザンコウ目(有鱗目、鱗甲目)センザンコウ科で、1目1科1属?8種となるようです。

センザンコウ - Wikipedia

センザンコウ目は有鱗目(ゆうりんもく)ともいい、現生はセンザンコウ科1科のみ。インドから東南アジアにかけて4種(下のリストの前半)、アフリカに4種(下のリストの後半)が現存し、これら8種が、1属または2属に分類される。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/42/Pangolin_borneo.jpg

まあ、

絶滅してしまった種が多く、「珍獣」となったのは→1科1属1種

そもそも成り立ちからして「珍獣」なのは→1目1科

あたりを、ものさしとするのがよさそうです。

世界三大珍獣の”珍獣度”は?

上記”珍獣度”ものさしで、世界三大珍獣(ジャイアントパンダ、オカピ、コビトカバ)の珍獣度を推し量ってみましょう。

ジャイアントパンダの”珍獣度”

ジャイアントパンダは、

哺乳綱>食肉目>クマ科>ジャイアントパンダ属に分類される食肉類です。

クマ科には、ジャイアントパンダ属、マレーグマ属、ナマケグマ属、メガネグマ属、クマ属と4属ありますので、属の下の種はちょっと数えるのも嫌になります。

ジャイアントパンダ属にはジャイアントパンダ1種ですので、

ジャイアントパンダの珍獣度は1属1種のレベルとなり、珍獣度がとりたてて高い訳ではありません。

※”珍獣度”と希少度は、別の指標です。

オカピの”珍獣度”

オカピは、

偶蹄目>キリン科>オカピ属に分類される偶蹄類です。

キリン科には、キリン属、オカピ属の2属が現生しています。

オカピ属はオカピ1種で構成されていますので、

オカピの珍獣度は1属1種のレベルとなり、ジャイアントパンダ同様、珍獣度がとりたてて高い訳ではありません。

※”珍獣度”と希少度は、別の指標です。

コビトカバの”珍獣度”

コビトカバは、

カバ科>コビトカバ属に分類される偶蹄類です。

カバ(亜)科には、コビトカバ属とカバ属の2属が現生しています。

コビトカバ属は、コビトカバ1種で構成されていますので、

コビトカバの珍獣度は1属1種のレベルとなり、ジャイアントパンダやオカピ同様、珍獣度がとりたてて高い訳ではありません。

※”珍獣度”と希少度は、別の指標です。

 

ナショジオが、1属1種の動物を孤高と位置づけ5種紹介しています。

natgeo.nikkeibp.co.jp

アイアイ、ムカシトカゲ、ツチブタ、ラーテル、コアラ

まとめ

このエントリーをアップしたところ、さっそく情報提供いただきまして、「ヒヨケザル」が1目1科と判明しましたので、以下に1目1科を列挙します。

 1目1科の動物一覧(随時更新)

・ツチブタ(1目1科1属 現生1種)

ツチブタ目 Tubulidentata > ツチブタ科 Orycteropodidae > ツチブタ属 Orycteropus > 現生1種ツチブタ O. afer

 ツチブタ - Wikipedia

ツチブタ(土豚、Orycteropus afer)は、ツチブタ目(管歯目)ツチブタ科ツチブタ属に分類される哺乳類。ツチブタ目・ツチブタ科・ツチブタ属それぞれの唯一の現生種である。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d4/Orycteropus_afer_by_OpenCage.jpg

チロエオポッサム(1目1科1属 現生1種)

ミクロビオテリウム目Microbiotheria > ミクロビオテリウム科Microbiotheriidae > チロエオポッサム属 > 現生1種チロエオポッサム D. gliroides

 チロエオポッサム - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/51/Monito_del_Monte_ps6.jpg

 

ムカシトカゲ(1目1科1属 現生2種)

ムカシトカゲ目 Sphenodontia > ムカシトカゲ科 Sphenodontidae > ムカシトカゲ属 Sphenodon > 現生2種

 ムカシトカゲ - Wikipedia

ムカシトカゲは、ニュージーランドの限られた地域に生息する、原始的な形質を残した爬虫類。現地での呼称からトゥアタラ(tuatara)と呼ばれることもある。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/52/Tuatara.jpg

ヒヨケザル(1目1科1属 現生2種)

ヒヨケザル目 Dermoptera > ヒヨケザル科 Cynocephalidae > ヒヨケザル属Cynocephalus > 現生2種

 ヒヨケザル目 - Wikipedia

現生群は、ヒヨケザル科の1–2属のみで、ヒヨケザル(日避猿)と総称される。コウモリザルの別名もある。
東南アジアの熱帯地方に生息し、フィリピンヒヨケザル Cynocephalus volans とマレーヒヨケザル Cynocephalus variegatus の2種のみが現存する。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/31/Kaguang-drawing.jpg/1280px-Kaguang-drawing.jpg

 

オポッサム(1目1科1属 現生4種)

オポッサム目 Didelphimorphia > オポッサム科 Didelphidae > オポッサム属 Didelphis > 現生4種

 オポッサム - Wikipedia

オポッサム (opossum) は、有袋類オポッサム目オポッサム科の総称である。1目1科。アメリカ大陸に分布する。オーストラリアでは、双前歯目のポッサムのことをオポッサムということがある。

オポッサムは、カンガルーやコアラなどと同様に腹に育児嚢(いくじのう)という袋をもつ有袋類であり、ネズミに似た外見をしていることから、フクロネズミとも呼ばれる。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/6a/Possum122708.JPG

 

センザンコウ(1目1科1属 現生8種)

鱗甲目 Pholidota > センザンコウ科 Manidae > センザンコウ属 Manis >現生8種

 

ハネジネズミ(1目1科 現生4属)

ハネジネズミ目(長脚目)Macroscelidea > ハネジネズミ科 Macroscelididae > 現生4属

 ハネジネズミ - Wikipedia

ハネジネズミ(跳地鼠)は、ハネジネズミ目ハネジネズミ科に属する哺乳類の総称。
ハネジネズミ科は、以前は食虫目(のちに食虫目がモグラ目と呼ばれるようになる以前)に分類されていたが、最近の分類では、独立した目とされることが多い。現生は1目1科。目名は、学名の直訳は長脚目(長脚類)だが、ハネジネズミ目とも呼ばれる。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/54/Macroscelides._proboscideus.6869.jpg

 

そのほか、ありますでしょうか????