アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

Sparrowhawk ハイタカのいる動物園は?飼育展示動物園とハイタカ情報まとめ

こちらでは「ハイタカのいる動物園」について以下の目次で記載してあります。

ハイタカと同じタカ科ハイタカ亜科「オオタカのいる動物園」については、準備ができしだいリンク先をここに案内します。

(準備中)

ハイタカのいる動物園がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)
 https://www.jaza.jp/
◆日動水(JAZA)飼育動物検索
 動物を探す | 動物園と水族館

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

ハイタカのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で「ハイタカ」を検索し、その結果を「Sparrowhawk ハイタカのいる動物園」として一覧にしてみました。

f:id:tsukunepapa:20200912124233j:plain

ハイタカのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

上記を踏まえ、

ハイタカのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)は、 円山動物園、久留米市鳥類センターの2施設です。

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「ハイタカ飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない日本国内の施設(個人を含む)で、飼育されているハイタカの情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

<日動水(JAZA)に非加盟のクマタカ飼育(保護)施設>

  • 該当情報なし

ハイタカのいる動物園

上記データから「ハイタカのいる動物園」を以下に列挙します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

--

円山動物園(北海道札幌市)

ハイタカ:

ハイタカ/札幌市円山動物園

形態:全長はオス約32cm、メス39cm、翼を広げると60~79cmです。オスの背面と頬は暗灰色で、腹面は白く橙褐色の横斑があり、虹彩はオレンジがかった黄色です。メスは一回り大きく、白い眉斑はオスより顕著で、背面は灰褐色で腹面は白色地に褐色の横斑があり、虹彩は黄色です。

生息地:ユーラシア大陸の温帯から亜寒帯にかけての広い地域に分布。日本では多くは本州以北に留鳥として分布していますが、一部は冬期に暖地へ移動します。

種の特徴:低地から亜高山帯にかけて森林や都市部に生息し、樹上の高さ4~8mの枝上に木の枝を束ねたお椀状の巣を作ります。主に鳥類や昆虫類を捕食し、一度に4~5個の卵を産み、約35日で孵化します。

減少の原因:生息地の減少、餌の減少等により、生息数は減少してきており、環境省レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)、北海道レッドリストでは絶滅危急種(VU)とされています。

sapporo.100miles.jp

展示施設や野生復帰施設以外でも中型、小型の猛禽の繁殖をしていきたいと考えてます。
今、飼育しているのはチゴハヤブサ、ハイタカ、ツミでも、導入元が保護なのでなかなかペアができない。・・・

www.ariescom.jp

久留米市鳥類センター(福岡県久留米市)

ハイタカ:

http://kurumekoen.org/wp-content/uploads/2020/02/5feedfdeb100118ec88b481b88d9651c.pdf

Q.鷲(ワシ)と鷹(タカ)ってどう違うの?
A.どちらもワシタカ目の仲間で、分類上とくに区別はないようです。
比較的、体の大きい種類を「鷲」、体の小さな種類を「鷹」と呼びます。
しかし、体が小さくても「鷲」と名前のつく鳥や体が大きくても「鷹」と呼ばれる鳥もいます。
鷲:オオワシ(全長約100㎝)、カンムリワシ(全長約50㎝)
鷹:ト ビ( 全長約60㎝)、ハイタカ(全長約30㎝)

www.ariescom.jp

◆・大内山動物園(和歌山県大紀町)←現在はハイタカ非展示

www.oouchiyama-zoo.com

 

YOTUBEチャンネルをフォローください。

つくねパパの生き物探訪 - YouTube

 

ハイタカとは?

ハイタカの概要は、Wikipediaを引用します。

 ハイタカ - Wikipedia

ハイタカ(鷂、Accipiter nisus)は、タカ目タカ科ハイタカ属に分類される猛禽類。ハイタカ属の模式種。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a0/Sparrowhawk-Male.JPG

分布:ユーラシア大陸の温帯から亜寒帯にかけての広い地域に分布している。
日本では、多くは本州以北に留鳥として分布しているが、一部は冬期に暖地に移動する。

形態:全長はオス約32cm、メス約39cm。オスは背面が灰色で、腹面には栗褐色の横じまがある。メスは背面が灰褐色で、腹面の横じまが細かい。

名前:「疾き鷹」が語源であり、それが転じて「ハイタカ」となった。かつては「はしたか」とも呼ばれていた。
元来ハイタカとは、ハイタカのメスのことを指す名前で、メスとは体色が異なるオスはコノリと呼ばれた
『大言海』によれば、コノリの語源は「小鳥ニ乗リ懸クル意」であるという。

ハイタカに関する最近のニュース

www.yamakei-online.com

mainichi.jp

 

ハイタカ に関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど「ハイタカのいる動物園」についてまとめてみました。

興味深いですよ!!ハイタカ