アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

懐かしい東山動植物園!?動画・画像で確認する東山動植物園の歴史

動画・画像で確認する東山動植物園(愛知県名古屋市)の歴史について、以下の目次でまとめてあります。

f:id:tsukunepapa:20200509175908j:plain

懐かしい東山動植物園!?動画・画像で確認する東山動植物園の歴史

東山動植物園の沿革

東山動植物園の沿革については、Wikipediaを引用します。

 東山動植物園 - Wikipedia

東山動植物園(ひがしやまどうしょくぶつえん)は、愛知県名古屋市千種区東山元町の東山公園内にある市営動植物園。1937年(昭和12年)に開園した。

2017年の年間入場者数は、日本国内で上野動物園に次ぐ約240万人となっている。2005年から2009年までの5年間は、北海道の旭山動物園に次ぐ3位だった。2017年現在、飼育種類数は日本一。敷地面積も日本最大級である。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/b/bf/Higashiyama_Animals_and_Plants_Garden_Main_Gate.jpg

歴史:
動物園:
1890年(明治23年)に、動物商の今泉七五郎により公開された「浪越教育動物園」を起源としている。市立動物園としては今泉から譲渡された動物を元として、鶴舞公園において1918年(大正7年)に「名古屋市立鶴舞公園付属動物園」として開園したものが始まりである。
手狭になったため、当時新設された東山公園へと昭和12年1月に移転東山動物園に改名。開園当初は「東洋一の動物園」とも呼ばれていた。

懐かしい!?動画・画像で確認する「東山動植物園での飼育動物」

TOUTUBEなどで公開されている東山動植物園に関する「懐かしい!?動画・画像」から、当時の飼育展示動物を確認してみます。

【名古屋市公式】ゴン太とオキとプッピーと(1965(昭和40)年制作)


【名古屋市公式】ゴン太とオキとプッピーと(昭和40年制作)

この動画から確認できる飼育動物としては、以下が挙げられます。

アムールトラ?、ブラジルバク、アジアゾウ、ゴリラ、エランド?ボンゴ?、ガゼル、キリン、グレビーシマウマ、ハイエナ、クロサイ

 

※YOUTUBEチャンネルをフォローください。

 つくねパパの生き物探訪 - YouTube

 

1970年頃(昭和40年代)の東山動植物園


8mmフィルム映像(昭和40年代)。東山動物園の動物たち

この動画から確認できる飼育動物としては、以下が挙げられます。

アムールトラ?、ブラジルバク、アジアゾウ、ゴリラ、エランド?ボンゴ?、ガゼル、キリン、グレビーシマウマ、ハイエナ、クロサイ

【名古屋市公式】動物と生きる飼育員(1970(昭和45)年制作)


【名古屋市公式】動物と生きる飼育員(昭和45年制作)

この動画から確認できる飼育動物としては、以下が挙げられます。

マサイキリン、ゴリラ、チンパンジー、ハクチョウ、ニシキ?ヘビ、ワラビー?、ライオン、アフリカゾウ、トラ、ゴリラ、アシカ、トド、オランウータン、キジ、キンケイ、ウンピョウ、カラカル、マレーバク、アジアゾウ

1985年頃?(昭和50年代)の東山動植物園


【昭和の8mmフィルム】 東山動物園(名古屋)

この動画から確認できる飼育動物としては、以下が挙げられます。

アジアゾウ、ライオン、シマウマ、マサイキリン、クロサイ、アフリカゾウ、オランウータン、ゴリラ

東山動植物園のオウンドメディア 一覧

現在の東山動植物園を知ることのできるオウンドメディア(公式サイトやソーシャルメディア公式アカウント)は以下です。

◆東山動植物園の公式サイト

www.higashiyama.city.nagoya.jp

◆東山動植物園のTwitter公式アカウント

twitter.com

◆東山動植物園の公式Facebookページ

www.facebook.com

◆東山動植物園の公式YOUTUBEチャネル

www.youtube.com

 

また、現在の東山動植物園の見どころ、見逃してはもったいない動物は、以下のリンク先にまとめてあります。

www.ariescom.jp

 

東山動植物園 に関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど、東山動植物園の懐かしい動画・画像から東山動植物園の歴史を確認してみました。興味深いですよ!!東山動植物園。