アリエスコム(ARIEScom.jp)へようこそ

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

Manul マヌルネコを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

 「マヌルネコのいる動物園」について、以下の目次で記載しています。

 役に立つ日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)公式サイトの「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)http://www.jaza.jp/

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探すhttp://www2.jaza.jp/animals/search01.php

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

 *1

マヌルネコを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で、「マヌルネコ」を検索し、その結果を「マヌルネコのいる動物園」として一覧にしてみました。  

f:id:tsukunepapa:20181213002426p:plain

マヌルネコを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

上表をみての感想を以下に・・・・。

 1.マヌルネコのいる動物園は、以下の5園
  • 那須どうぶつ王国(栃木県那須町)
  • 埼玉県こども動物自然公園(埼玉県東松山市)
  • 上野動物園(東京都)
  • 東山動植物園(愛知県名古屋市)
  • 王子動物園(兵庫県神戸市)

2.日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない施設にも、マヌルネコを飼育しているところがあるかは不明。

3.マヌルネコの概要(写真)は、wikipediaを引用します。

マヌルネコ - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/93/Pallas_cat.JPG

マヌルネコ(Otocolobus manul)は、食肉目ネコ科Otocolobus属に分類される食肉類。本種のみでOtocolobus属を構成する。別名モウコヤマネコ。

左右の耳介は離れ、低い位置にある。特徴的な顔つきで、目の位置が高いところにあるので、額は高く、丸い耳が低く離れた位置に付いているように見える。

眼は顔の前方に位置する。目の位置が高いのは、身を隠せる場所の少ない平坦な砂漠やステップで、岩陰に臥せて岩の上から目だけを出して獲物を狙うのに適しているからだと考えられている。虹彩は黄色で、瞳孔は丸く収縮する

→いわゆる「ネコ目」ではなく、瞳が丸く収縮するところが、なんとも魅力的です。

→その魅力の故に、ペットとして飼いたいとの希望も向きもあるやもしれませんが、家ネコではなく、れっきとした野生のヤマネコです。

 

4.マヌルネコに関する最近のニュースをいくつかあげておきましょう。

 ◆那須どうぶつ王国の「マヌルネコ」の猫パンチが可愛すぎると話題に!-ニコニコニュース

news.nicovideo.jp

 

◆2017年4月には埼玉県こども動物自然公園でマヌルネコの赤ちゃん誕生

www.sankei.com

 

などなど、「マヌルネコのいる動物園」につて、感じるままに書きとめてみました。

以下には、私の「マヌルネコのいる動物園」での楽しい思い出をいくつかはっていきます。 

「マヌルネコのいる動物園」足あと帳

◆埼玉県こども動物自然公園のマヌルネコ

◆上野動物園のマヌルネコ

◆那須どうぶつ王国(栃木県那須町)のマヌルネコ

→写真準備中。

◆東山動植物園(名古屋市)のマヌルネコ

→写真準備中。

◆王子動物園(神戸市)のマヌルネコ

→写真準備中。

 

おもしろいですよ!!動物園でのマヌルネコの飼育展示。

*1:※2017年春までは、「3年前の年末のデータです」などといった記載があり、いまひとつ信頼性に欠けていました。 

 ※現行システムにも、データ年度の記載の要請もしたいところですが、まずは年度データの毎年の更新を願います。 

※JAZAの公式ウェブサイトの「飼育動物検索」と CPOS( コレクション計画オンラインシステム)データのリンクプログラムが、徐々にではありますが進みつつあるってことでしょうか?より拡充を望みます。