アリエスコム-ARIEScom.jp

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

Wildebeest ヌーを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

ヌーのいる動物園」「オグロヌーのいる動物園」「ウシカモシカのいる動物園」について、以下の目次で記載しています。

ヌーのいる動物園 / オグロヌーのいる動物園がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)http://www.jaza.jp/
◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す
動物を探す | 動物園と水族館

2017年春に検索システムが改修され、また2019年4月にはサイトリニューアルもされ、ますます使える!ようになりました。

ヌーを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園館)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で、「ヌー」を検索し、その結果を「Takin ヌーのいる動物園」「オグロヌーのいる動物園」として一覧(リスト)にしてみました。

f:id:tsukunepapa:20190511184634p:plain

ヌーのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

上表の補足情報を以下に・・・・。

ヌーのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)は2施設(2019年4月現在)。

(追加情報がありましたらコメントにてお知らせいただければ修正します。)

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「ヌー飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない施設で飼育されているターキンに関する情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

・情報なし

ヌーのいる動物園 / オグロヌーのいる動物園

上記データから「ヌーのいる動物園」「オグロヌーのいる動物園」を以下に列挙し、各個体情報も記載します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

伊豆アニマルキングダム(静岡県東伊豆町)

オグロヌー1頭:ミカン(メス、姫路セントラルパーク→伊豆アニマルキングダム)

オグロヌーとゆかいな仲間たち - 伊豆 稲取・下田、観光案内アクティブガイドBLOG

オグロヌーとゆかいな仲間たち
少し前に当園にお引越ししてきたオグロヌーの「ミカン」ちゃん。

新しい出会い。そして別れ。 - 伊豆 稲取・下田、観光案内アクティブガイドBLOG

姫路セントラルパークから、ヌーとマーコールという動物が来たんです!!
大きな箱にヌー、小さな箱2つがマーコールです。

www.at-s.com

<シロヒゲオグロヌー>
■個体名:ミカン(♀)   2015年7月16日生まれ
■性格:人工保育。神経質なため慣れない同園のウォーキングサファリ展示場になかなか出たがらない
★飼育している動物園は、当園と姫路セントラルパーク(東日本では同園のみ

姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)

オグロヌー?頭:

リスザルとヌーの赤ちゃん見に来て 姫センで公開 | おでかけトピック | 兵庫おでかけプラス | 神戸新聞NEXT

更新日:2017年09月04日

シロヒゲオグロヌーはアフリカ大陸に生息する牛の仲間で、その名の通り白いひげと黒い尾が特徴。
 検疫の強化で新たな個体の輸入が難しくなったこともあり、国内では同園のみが飼育している。サファリゾーンで車内から観察できる。
 夏から秋が出産シーズンで、7月8日と16日に2頭の雌が生まれた。成獣は体が灰色だが、子は薄茶色で白いひげもない。生後すぐは体長約60センチだったが、1カ月で約1メートルまで成長した。3年ほどで約1・8メートルになるという。

blogs.yahoo.co.jp

2010/12/7(火) 午後 7:33 New!
この度、草食Dセクションにいるオグロヌーが二頭増えました
一頭は先月の11月13日にコミキが出産しました寒い時期での出産でしたが、順調に育っています
もう一頭は、同じく先月の11月25日に遥々栃木県のサファリパークからメスの個体が、やって来ました先日の6日には現在Dセクションにいる他のヌー達とのミックスを行い無事に仲間に迎え入れられました
是非二頭増え総勢9頭になったヌーの群れを見に姫センへお越しください

◆群馬サファリパーク(群馬県富岡市)←現在はヌー非展示

◆福岡市動物園(福岡県福岡市)←現在はヌー非展示

ヌーとは?

ヌーの概要は、wikipediaを引用します。

ヌー - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b8/Blue_wildebeest.jpg

ヌー (Gnu) は、哺乳綱ウシ目ウシ科のヌー属 Connochaetes に属する動物の総称である。アフリカ大陸南部に生息する。
生態:
体重は成獣で200kgから250kg。大きな群れを作り、その中にはシマウマも混じる。草食性で、食料となる草原を求めて集団で大移動することで知られる。ウシとカモシカの特徴を合わせたような体型をしており、ウシカモシカの和名がある。

1対の角は、横に張り出しつつ湾曲したラインを描いて天を突くような形をしており、これはハーテビースト亜科の種類に共通の特徴である。角の付け根のコブ状の部分、そして肩の部分で盛り上がった背中が視覚的に印象的である。

嗅覚が鋭いといわれ、はるか遠方の雨の匂いもかぎとることができる。

天敵はライオン、ヒョウ、チーター、ブチハイエナ、リカオン、ナイルワニなどで、幼獣はジャッカルにも狙われる。

分類
ヌー属の動物としては、オグロヌー (Connochaetes taurinus) とオジロヌー (Connochaetes gnou) の2種類が知られる。

ヌーに関する最近のニュース

ヌーに関する最近のニュースをいくつかあげておきます。

tocana.jp

www.natureasia.com

などなど、「ヌーのいる動物園」「オグロヌーのいる動物園」「ウシカモシカのいる動物園」について、まとめてみました。

--- 

興味深いですよ!!動物園でのヌー / オグロヌー / ウシカモシカの飼育展示