アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用関連でつぶやきます。「生き物探訪」記事もSEOのショーケース。

Japanese Giant Flying Squirrel ムササビのいる動物園は?飼育展示動物園とムササビ情報まとめ

こちらでは「ムササビのいる動物園」「ムササビ属のいる動物園」について以下の目次で記載してあります。

ムササビと同じリス科モモンガ族の「モモンガのいる動物園」については以下のリンク先を参照ください。

www.ariescom.jp

ムササビのいる動物園がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)
 https://www.jaza.jp/
◆日動水(JAZA)飼育動物検索
 動物を探す | 動物園と水族館

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

ムササビのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で「Petaurista leucogenys」を検索し、その結果を「ムササビのいる動物園」として一覧にしてみました。

f:id:tsukunepapa:20200917234028j:plain

ムササビのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

上記を踏まえ、

ムササビのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)は、盛岡市動物公園、埼玉県こども動物自然公園、多摩動物公園、富山市ファミリーパーク、小諸市動物園、茶臼山動物園、飯田市立動物園、東山動植物園、京都市動物園、安佐動物公園、徳山動物園、とべ動物園、わんぱーくこうちアニマルランド、到津の森公園、宮崎市フェニックス自然動物園、熊本市動植物園、平川動物公園の17施設です。

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「ムササビ飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない日本国内の施設(個人を含む)で、飼育されているムササビの情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

<日動水(JAZA)に非加盟のムササビ飼育展示施設>

  • 該当情報なし

ムササビのいる動物園

上記データから「ムササビのいる動物園」を以下に列挙します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

--

盛岡市動物公園(岩手県盛岡市)

ムササビ:

ニッコウムササビ:

埼玉県こども動物自然公園(埼玉県東松山市)

ムササビ:


まるで空飛ぶ座布団!ムササビ滑空シーン(スロー撮影)2017.09.10(埼玉県こども動物自然公園/SaitamaChildrensZoo)

多摩動物公園(東京都日野市)

ムササビ:

どうぶつ図鑑「ムササビ」 | 東京ズーネット

そこだけ食べるの!? ムササビの食べ方いろいろ | 東京ズーネット

井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)

ムササビ:
名称不明(メス、2012年飯田市立動物園生まれ→2015年7月上野動物園→2018年7月井の頭へ)。

故・きたろう(オス、2016年に栃木県で保護→2017年井の頭自然文化園へ、2019年4月17日没)

どうぶつ図鑑「ムササビ」 | 東京ズーネット

9/23 井の頭自然文化園の動物慰霊祭 | 東京ズーネット

富山市ファミリーパーク(富山県富山市)

ムササビ:

キュウシュウムササビ:

動物マップ: ムササビ() 富山市ファミリーパーク

ムササビはふだん日が沈んで1時間後くらいから活動をはじめます。郷土動物館の中は、朝の7時ころから夜になるようにしているので、ちょうどお客さんが来る10時頃が一番ムササビが活動しています。でも、エサを食べて満腹になるとまた巣にもぐって休んでしまったりします。人間でいうと、「昼寝」みたいなものですね 。

小諸市動物園(長野県小諸市)

ムササビ:

www.ariescom.jp

茶臼山動物園(長野県長野市)

ムササビ:

www.facebook.com

飯田市立動物園(長野県飯田市)

ムササビ:

ムササビの紹介-飯田市立動物園

東山動植物園(愛知県名古屋居市)

ムササビ:

京都市動物園(京都府京都市)

ムササビ:

安佐動物公園(広島県広島市)

ムササビ:

ムササビ / Japanese Giant Flying Squirrel|動物紹介|安佐動物公園 asazoo

前足と後足の間に飛膜をもっており、風にのると200mも飛ぶ。日本にすむリスの仲間で、木の葉や実を食べる。

徳山動物園(山口県周南市)

ムササビ:


ツヨシのゴー!GO!動物園 vol 110 ノウサギ・ムササビ

とべ動物園(愛媛県砥部町)

ムササビ:

www.tobezoo.com

ムササビは、夜行性であることから目にする機会は少ないと思いますが、意外と身近にも暮らしている野生動物です。春と秋の出産期には、親とはぐれるなどして動物園に保護されることがあります。

わんぱーくこうちアニマルランド(高知県高知市)

キュウシュウムササビ:

ムササビ

夜行性で、大きな杉などがある神社などで生活し、よく観察される。飛膜とよばれる前後・足の間の皮膚を大きく広げ、高い木から低い木へと滑空移動できる。カキやみかんなどの果物の他、新芽や花など甘くてやわらかいものを好んで食べる。

到津の森公園(福岡県北九州市)

キュウシュウムササビ:

ムササビ|到津の動物たち|到津の森公園

キャッチコピー
空飛ぶじゅうたんは夜間限定!

ここに注目
夜行性なので、普段は見ることができません。。が!夜間開園の時に皮膜を広げて飛ぶ姿が見れます!
オススメの夜間の日は、暖かくて風がなくて、晴れていて月がよく見える日!です。

宮崎市フェニックス自然動物園(宮崎県宮崎市)

キュウシュウムササビ:

熊本市動植物園(熊本県熊本市)

ムササビ:

平川動物公園(鹿児島県鹿児島市)

キュウシュウムササビ:

動物図鑑 — ムササビ(キュウシュウムササビ)

夜行性で、昼間は大木のうろを利用した巣穴で休み、日が暮れると活動します。ほとんど樹上で生活します。
手足の間に空を飛ぶための飛膜があり、100m以上滑空することがあります。木の実、木の芽、木の葉、花などを食べます。
繁殖期は春と秋で、樹洞や木の上に小枝でつくった巣で出産します。1産で1~2子を産みます。

◆狭山市立智光山公園こども動物園(埼玉県狭山市)←現在はムササビ非展示

◆上野動物園(東京都台東区)←現在はムササビ非展示

www.tokyo-zoo.net

 

YOTUBEチャンネルをフォローください。

つくねパパの生き物探訪 - YouTube

 

ムササビとは?

ムササビの概要は、Wikipediaを引用します。

 ムササビ - Wikipedia

ムササビ(鼯鼠、鼺鼠)は、ネズミ目(齧歯目)リス科リス亜科ムササビ属に属する哺乳類の一種である。ムササビ類の総称でもある。

ノブスマ(野臥間、野衾)、バンドリ、オカツギ、ソバオシキ、モマなど多くの異名(地方名)がある。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/74/Pteromys_leucogenys_fauna_japonica.jpg

形態:
長い前足と後足との間に飛膜と呼ばれる膜があり、飛膜を広げることでグライダーのように滑空し、樹から樹へと飛び移ることができる。手首には針状軟骨という軟骨があり、普段は折りたたまれているこの軟骨を、滑空時に外側に張り出すことで、飛膜の面積を増やすことができる。
長いふさふさとした尾は滑空時には舵の役割を果たす。
頭胴長27-49cm、尾長28-41cm、体重700-1500gと、近縁のモモンガ類に比べて大柄である(ホンドモモンガは頭胴長14-20cm、尾長10-14cm、体重150-220g)のみならず、日本に生息するネズミ目としては、在来種内で最大級であり、移入種を含めても、本種を上回るものはヌートリア位しかいないとされる。

分布:ムササビは日本の固有種であり、本州、四国、九州に生息する。

モモンガとの相違点:
漢字表記の「鼯鼠」がムササビと同時にモモンガにも用いられるなど両者は古くから混同されてきた。両者の相違点としては上述の個体の大きさが挙げられるが、それ以外の相違点としては飛膜の付き方が挙げられる。
モモンガの飛膜は前肢と後肢の間だけにあるが、ムササビの飛膜は前肢と首、後肢と尾の間にもある
また、ムササビの頭部側面には、耳の直前から下顎にかけて、非常に目立つ白い帯がある。

滑空する動物:
ムササビなど滑空性のリスと同様に飛膜をもち、滑空する哺乳類として、同じネズミ目に属するが科の異なるウロコオリス類、フクロネズミ目(有袋類)のフクロモモンガ、ヒヨケザル目(皮翼目)のヒヨケザルなどが知られている。

分類:
ネズミ目リス科
リス亜科 (Sciurinae)
モモンガ族 Pteromyini - 15属、約45種
●●ムササビ属 Petaurista
・カオジロムササビ Petaurista alborufus
・シロフムササビ Petaurista elegans
・ホジソンムササビ Petaurista magnificus
・Bhutan Giant Flying Squirrel Petaurista nobilis
・Indian Giant Flying Squirrel Petaurista philippensis
・Chinese Giant Flying Squirrel Petaurista xanthotis
ホオジロムササビ(ムササビ) Petaurista leucogenys
・オオアカムササビ Petaurista petaurista

ムササビに関する最近のニュース

www.fnn.jp

www.afpbb.com

www.yamakei-online.com

 

ムササビ に関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど「ムササビのいる動物園」についてまとめてみました。

興味深いですよ!!ムササビ