アリエスコム(ARIEScom.jp)へようこそ

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業「アリエスコム(ARIEScom.jp)」関連やウェブでの収益化関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

サイを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

便利で役に立つ JAZA公式サイトの「飼育動物検索」

動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟園館で飼育されている動物を検索できます。

 

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)

http://www.jaza.jp/

◆動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す

http://www2.jaza.jp/animals/search01.php

 

2017年春に検索システムが改修されたので比較的登録データも新しく役に立ちます。

※2017年春までは「3年前の年末のデータです」などといった記載があり、いまひとつ信頼性に欠けていました。

※現行システムにも、データ年度掲載の要請もしたいところですが、まずはデータの毎年更新を願います。

※JAZAの公式ウェブサイトの「飼育動物検索」と CPOS( コレクション計画オンラインシステム)データのリンクプログラムが、徐々にではありますが進みつつあるってことでしょうか?より拡充を望みます。 

サイを飼育しているJAZA加盟園館

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索を使って、「サイ」を検索し、その結果を一覧にしてみました。 

f:id:tsukunepapa:20180313185732p:plain

サイを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

上表をみての感想を以下に・・・・。

サイの基礎知識としてよく動物園で情報提供されるのが、

●奇蹄目である。

●世界には5種(シロサイ、クロサイ、インドサイ属(ジャワサイ、インドサイ)、スマトラサイ)が現生しており、日本には3種(シロサイ、クロサイ、インドサイ)が飼育されている。

●シロサイという名称は、「口が広い(wide=ワイド)」と「白い(white=ホワイト)」を聞き違えたのが語源の通説になっていること。

●どの種も絶滅が危惧され、密漁等の悲しいニュースが後を絶たず、保護が喫緊の課題となっている。そんな折、シロサイのうちのキタシロサイは、世界にあと3頭しか残っておらず、その最後のオスが病にかかり一歩絶滅に近づこうとしている。

natgeo.nikkeibp.co.jp

●サイの角は、爪や髪の毛に近い物質で、折れてしまったとしてもしばらく放っておけば再生する。漢方薬として珍重されるサイの角。ベトナムを中心とした闇市場で取引され、密漁の温床となっている。

などといったところでしょうか。その厳つい風体にも関わらず優しい気性のサイは、動物園でもエサやりイベントが開かれたりと、たいへん楽しませてくれる存在です。

1.さて、JAZA公式サイトの「飼育動物検索」で、「サイ」を検索して、まず思ったのは、那須サファリパークのシロサイって?ということ。

で、さっそく検索してみましたところ、2017年11月15日に南アフリカから4頭来園しているとのこと。これで既存の1頭と合わせて計5頭のシロサイが那須サファリパークにいるということでしょうか?(要確認)

www.facebook.com

【シロサイ来園】
2017年11月15日に南アフリカから4頭のサイが来園しました!

まだ環境に慣らしているところですので目隠しをして通常の展示は先ですが、透けて見えるので是非サファリウォークから見に来て下さいね👀💓

その際は、大きな声などで驚かせたりせず優しく見守って下さいね_(:3 ⌒゙)_

 

2.また、シロサイというと・・・・、

2009年11月に旭山動物園にいたシロサイ「ノシオ」が他界し、サイ飼育の最北地となっている盛岡市動物園のシロサイ「サイカ」さん。そして、東武動物公園のシロサイの「ヨシコ」さんと、オスが逝ったあと一人暮らしとなっているケースが目立つなぁということ。

そういえば、八木山動物公園のシロサイ「シンシア」は、2017年1月に他界してしまいました。

www.city.sendai.jp

ミナミシロサイのシンシアが1月11日(水曜日)に死亡しました。47歳でした。シンシアは国内で最高齢のミナミシロサイとして、年齢を重ねてもそれを感じさせない元気な姿を見せてくれていました。八木山動物公園には、1982年5月9日に群馬サファリパークより来園しました。のんびりお昼寝をしたりゆっくりと動き回る姿を見せてくれたシンシア。その姿に多くの方が癒されたのではないでしょうか。

サファリパークや日本平動物園などでは、シロサイのペアリングも行われており、繁殖成果が期待されます。

www.facebook.com

シロサイの赤ちゃん

2013年7月2日に生まれたミナミシロサイの赤ちゃんは、元気にすくすく成長しています。このまま順調にいけば、10月中旬には親子揃ってサファリゾーンで公開ができそうです。

静岡市立 日本平動物園|でっきぶらし(News Paper)

後になって「あの時こうしておけば繁殖できたかもしれない…」と後悔しないように、10年後や20年後も日本平動物園で元気なシロサイが見られるように、精一杯頑張ります。2頭の近況や調査によってわかったことは、随時サイ舎の展示でお知らせしていきたいと思います。みなさまも、シロサイ2世の誕生に向けて、サイコとタロウを応援してください。

 

福岡や王子・八木山など、シロサイ飼育をやめてしまったところも多く、なんとか頑張っていただきたく思います。

 

3.クロサイはというと・・・・

繁殖実勢のある、日立市かみね動物園、上野動物園、横浜市金沢動物園、安佐動物公園に加え、仙台市八木山動物公園、ズーラシア、天王寺動物園といったところで、(海外からの)導入からペアリングなどの動きがみられます。

若い個体ということでは、安佐から八木山に移動したクロサイ「ユキ」、かみねから平川に移動したクロサイ「サニー」、安佐動物公園の「ニコ」、上野からアドベンチャーワールドに移動した「ミミカ」と、メスばかりが目立ちます。

www.asazoo.jp

安佐動物公園のクロサイ「サキ(雌、23歳)」が、平成28年8月13日(土)に雌1頭を出産しました。13日の朝、飼育担当者が獣舎内で既に生まれている子を確認しました。その後授乳も複数回確認しており、元気な子の成長に期待がかかります。当園でのクロサイの誕生は19頭目、サキの子としては7頭目です。

1 今回誕生したクロサイの子
  誕生日:平成28年8月13日(土)
  性別:雌
  体長:約70cm
  体重:約30kg
  ※計測はできないので、推測値です。
  母親:サキ 23歳
     1993年7月26日 
     広島市安佐動物公園生まれ
  父親:ヘイルストーン 25歳
     1991年7月30日
     サンフランシスコ動物園生まれ
     1994年3月 1日 
     ホノルル動物園に移動
     1999年3月15日 
     広島市安佐動物公園に来園

 4.そして、クロサイといった忘れてならないのは、安佐動物公園にいるビッグママ「ハナ」さんのこと。

長寿世界一のハナさんですが、最近のご対面イベントでは脚の具合が芳しくないなどの情報もでており、心配ではあります。

www.asazoo.jp

安佐動物公園のクロサイのハナ(雌)は、昭和46年の開園直前7月14日にアフリカから来園し、国内最多の10頭もの子を生み育てました。当時推定5歳だったハナは今年で推定51歳となり、昨年達成したクロサイの長寿世界新記録を更新します。

 

(追記)2018年9月8日
長寿世界一 クロサイのハナが死亡しました。安佐動物公園のクロサイのハナ(雌、推定52才)が2018年9月8日の朝死亡しました。

 

5.インドサイはというと・・・

横浜市金沢動物園での2014年1月31日生まれのインドサイ「チャンプ」くんが、秋吉台秋吉台自然動物公園 サファリランドに移動したニュース以降、大きなニュースを耳にしません。

多摩動物公園と東山動植物園のインドサイ舎は、改修もすすみましたが、繁殖のよき知らせが聞こえてきませんね。

www.tokyo-zoo.net

多摩動物公園では、オス2頭、メス1頭、合わせて3頭のインドサイを飼育しています。メスの「ナラヤニ」は、2002年に野生から多摩動物公園に来た現在推定12歳の個体で、繁殖適齢期を迎えました。そこで2013年度からオスとのペアリングを始めました。ちなみに相手のオスはナラヤニと一緒に当園に来たこちらも野生由来の現在推定12歳の「ビクラム」です。

www.higashiyama.city.nagoya.jp

東山動物園開園80周年イベントの1つとして一月から行われていたインドサイ舎の運動場改修工事も完了し、2月28日から3頭とも運動場でのお披露目になりました。特にブンタはメイン運動場に出るのが一月半ぶりで久しぶりということで心配しましたが、元気に歩いたり走ったり、地面の匂いを嗅いだり、おもいっきり遊んでくれました。一番のお気に入りは新しく出来た泥場みたいです。これからは暖かくなってきます。泥場に入るブンタの元気な姿を見て楽しんでクダサイ!
もちろんニルギリ、セラもお忘れなく!

◆インドサイのチャンプ(オス)です。 写真は輸送箱に入る練習中の様子と、チャンプが入った輸送箱が動物舎を離れた際の様子です。チャンプは、昨日3月14日(月)に金沢動物園を出園し、本日無事に山口県にある秋吉台自然動物公園に到着しました! pic.twitter.com/enjkRyLvYE

— 横浜市立金沢動物園【公式】 (@kanazawazoo317) 2016年3月15日

 

→秋吉台にいるチャンプくんのパートナー探しは難しいのでしょうか?期待しています。

6.最後に、9月22日は「世界サイの日」。

各動物園もこのときとばかりサイに関するイベントを展開してくれることでしょう。また、長寿世界一にハナさんの誕生日会なども楽しみですね。

 

などなど、感じるままに書きとめてみました。

 

以下に、私にとってのサイとの思い出をはっておきます。 

【金沢動物園での 故・フウカ 撮影:2011年9月24日】

金沢動物園のクロサイ「フウカ」(雌)ミルクタイム20110924_151912_

 

【"生家"の上野動物園からアドベンチャーワールドへ移動する直前の「ミミカ」】

www.facebook.com

 

【”生家”のかみね動物園から平川動物園へ移動する直前の「サニー」】

加藤 智明 - コメント、メッセージ大歓迎!徐々に写真をUPしていきますのでアルバムへではなく、写真ごとにいただけたら... | Facebook

 

【長寿記録更新中の安佐動物公園クロサイ「ハナ」】

www.youtube.com

【元気に走り回るクロサイの赤ちゃん →この後 ユキと命名(母サキ、姉ココ @安佐動物公園)】撮影:2012/3/18-3/19

youtu.be

youtu.be

【インドサイの赤ちゃん(チャンプ)公開】

youtu.be

面白いですよ!!動物園でのサイの飼育展示。