アリエスコム(ARIEScom.jp)へようこそ

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業「アリエスコム(ARIEScom.jp)」関連やウェブでの収益化関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

ウマ(馬、シマウマ)を飼育している動物園(日動水・JAZA加盟園)

役に立つ 日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)公式サイトの「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟園館で飼育されている動物を検索できます。

 

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)

http://www.jaza.jp/

◆動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す

http://www2.jaza.jp/animals/search01.php

 

2017年春に検索システムが改修されたので比較的登録データも新しく役に立ちます。

※2017年春までは、3年前の年末のデータですなどといった記載がありいまひとつ信頼性に欠けていました。

※現行システムにも、データ年度の記載の要請もしたいところですが、まずは年度データの毎年の更新を願います。

※JAZAの公式ウェブサイトの「飼育動物検索」と CPOS( コレクション計画オンラインシステム)データのリンクプログラムが、徐々にではありますが進みつつあるってことでしょうか?より拡充を望みます。

 

ウマ(馬)を飼育している動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索を使って、「ウマ」を検索し、その結果を一覧にしてみました。 

 

f:id:tsukunepapa:20180223205725p:plain

f:id:tsukunepapa:20180223205836p:plain

上記の2表をみての感想を以下に・・・・。

1. JAZA公式サイトの「飼育動物検索」で、「ウマ」を検索して、まず思ったのは、家畜としての種類の多いウマの検索結果を、どうやって一覧にしようかな?ということでした。

いろいろ試行錯誤の結果、上記表では、おおきく以下の4つのグループに分けたつもりです。

(1)「野生のシマウマ」

(2)「野生馬(モウコノウマ)」

(3)「家畜の日本在来馬」

(4)「在来馬以外の家畜馬」

ところが、以下のようなニュースが飛び込んできて、びっくりしているところです。

【2月23日 AFP】世界の野生種のウマは、すでに絶滅していたとする研究結果が22日、発表された。ウマの祖先の最新DNA分析に基づく系統樹の書き換えにつながる予想外の結果だという。

米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、地球に現存する最後の野生種と大半の人々が考えていた「プルツワルスキー(Przewalski、 モウコノウマ)」は、実際には所有者の元から逃げ出した家畜馬の子孫なのだという。 

www.afpbb.com

 日本の動物園で「唯一の野生馬 モウコノウマ」を飼育しているのは、多摩動物公園と千葉市動物公園の2園。特に、多摩動物公園では「アジアの平原」開設にあたってもモウコノウマを以下のように説明していました。 

多摩動物公園にアジアの平原オープン!|東京都

現存する唯一の野生馬(家畜化されていないウマ)で、かつてはアジア大陸内陸部の平原からヨーロッパにかけて広く分布していたが、乱獲などにより個体数が激減し、野生下では一度絶滅した。
しかし、動物園でわずかに飼育されていたモウコノウマから、世界各国の動物園で繁殖に努めた結果、個体数を回復してきた。現在、国連や世界各国の協力により、モンゴルの保護区を中心に、野生復帰計画が進められた結果、モウコノウマが大平原を駆け回る姿が見られるようになった。

※ちなみに、「モウコノウマは、蒙古の馬ではなく、蒙古野馬です。」とよく解説されていますので、今後、種名まで変更されるととになるのか?どうなんでしょう?

2.シマウマに関しては、ヤマシマウマでは「(夢見ケ埼などで)ハートマンヤマシマウマ」1種、サバンナシマウマ系では「サバンナシマウマ」「チャップマンシマウマ」「(安佐などで)グラントシマウマ」が登録されています。また、他のシマウマに比べ、細かい縞がたくさんある「グレビーシマウマ」は多摩動物公園など8園でみることができるようです。

3.在来馬に関しては、上野動物園のに西圓で多くみることができます。上野動物園のこども動物園では「木曽馬」「野間馬」「吐噶喇馬」「与那国馬」などがそろっていましたが、新施設「こども動物園すてっぷ」になってから木曽馬の「幸泉(さちいずみ)」が他界し、上野からは木曽馬がいなくなってしまいました。

 

f:id:tsukunepapa:20180212121103j:plain

上野動物園生まれの木曽馬「春嵐(はるあらし)」@木曽馬の里

4.在来馬以外の家畜馬では、動物園では小型の馬がよく飼育されていますが、千葉市動物公園にいるペルシャロン(ペルシュロン)は白い大型馬でたいへんとよく目立ちます。

5.最後になりますが、蹄(ひづめ)を持った草食動物のうち奇蹄類はウマ・バク・サイの3科。その奇蹄類の代表のようなウマといえましょう。野生馬はシマウマしかいない状況となりましたが、私としては、家畜馬なかでも在来馬の飼育展示は日本の動物園には是非力をいれてもらいたいと思っております。 

などなど、感じるままに書きとめてみました。

面白いですよ!!動物園でのウマ(馬、シマウマ)の飼育展示。