アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用関連でつぶやきます。「生き物探訪」記事もSEOのショーケース。

Oarfish リュウグウノツカイのいる水族館は?飼育展示施設とリュウグウノツカイ情報まとめ

こちらでは「リュウグウノツカイのいる水族館」について、以下の目次で記載してあります。

近年、日本海などで「リュウグウノツカイ」の目撃情報が頻発しています。

いくつかの水族館で、網にかかったリュウグウノツカイが生体展示されましたが、皆、数時間で死亡しています。

リュウグウノツカイを飼育できる施設や環境が整っていないことをご理解のうえ、以下の記事を閲覧ください。

 

リュウグウノツカイのいる水族館がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)
 https://www.jaza.jp/
◆日動水(JAZA)飼育動物検索
 動物を探す | 動物園と水族館

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

 

リュウグウノツカイのいる水族館(日動水・JAZA加盟館)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で「リュウグウノツカイ」を検索し、その結果を「Oarfish リュウグウノツカイのいる水族館」として一覧にしてみました。

<リュウグウノツカイのいる水族館(日動水・JAZA加盟館)>

  • 該当情報なし

上記を踏まえ、

リュウグウノツカイの生体展示実績のある水族館としては、のとじま水族館、九十九島水族館 海きららなどがあげられます、また、後述のように各地に標本等の展示はされていますが、現在、リュウグウノツカイのいる水族館(日動水・JAZA加盟館)は、ありません。

 

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「リュウグウノツカイ飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない日本国内の施設(個人を含む)で、飼育されているリュウグウノツカイの情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

<日動水(JAZA)に非加盟のリュウグウノツカイ飼育展示施設>

  • 該当情報なし

 

リュウグウノツカイのいる水族館

上記データから「リュウグウノツカイのいる水族館」を以下に列挙します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

--

◆のとじま水族館(石川県七尾市)←現在はリュウグウノツカイ生体非展示

※2015年12月22日朝、石川県七尾市沖で生きたまま捕獲され、同日中に水槽で泳ぐ姿が公開展示された。およそ三時間半にわたって展示されたが、その日の午後に死亡。

※2019年12月18日に七尾市内の定置網にリュウグウノツカイ2個体が入網し、数時間、2個体とも水槽内生体展示。

※2020年1月11日に七尾市内の定置網にリュウグウノツカイが入網し、「イルカたちの楽園」水槽へ搬入し展示。12日未明に死亡。

リュウグウノツカイの期間限定展示 | のとじま水族館

2020年1月11日に七尾市内の定置網にリュウグウノツカイが入網し、当館の「イルカたちの楽園」水槽へ搬入し展示しました。
水槽収容後、数時間ではありますが、水槽内で泳ぐ姿を見ることができました。
しかし、12日未明に残念ながら死亡してしまいました。

◆九十九島水族館・海きらら(長崎県佐世保市)←現在はリュウグウノツカイの生体非展示

※2010年1月9日には水槽で泳ぐ姿が一般公開された(公開34分後に死亡)

リュウグウノツカイの展示場はどこにありますか?

こどもひろば あまもばにございます。
平成14(2002年)年3月7日、平戸市度島町の海岸で見つかった全長4.8mのリュウグウノツカイを、はく製にして展示しております。(はく製は4m)
また、別の個体ですが、体表の一部分も展示しており、実際に触ることができます。

◆アクアワールド大洗水族館(茨城県大洗町)←リュウグウノツカイ標本を展示

アクアワールド茨城県大洗水族館 » エリア紹介

リュウグウノツカイは、暗黒の海ゾーンに標本が展示されています。

◆サンシャイン水族館(東京都豊島区)←リュウグウノツカイ標本を展示

◆マリンピア日本海(新潟県新潟市)←リュウグウノツカイ標本を展示

◆魚津水族館(富山県魚津市) ←リュウグウノツカイ標本を展示

◆・新湊きっときと市場(富山県射水市)←リュウグウノツカイ標本を展示

◆・東海大学海洋科学博物館(静岡県静岡市)←リュウグウノツカイ標本を展示

リュウグウノツカイ・ラブカ|東海大学海洋科学博物館|静岡 三保の水族館

とても珍しい「リュウグウノツカイ」と「ラブカ」を
研究成果とともに展示しています。
駿河湾で採集された希少な深海魚のリュウグウノツカイの標本や『生きた化石』と呼ばれるラブカの標本を展示しています。
リュウグウノツカイは1989年に静岡市清水区由比の定置網にて採集された全長5.18m(雌)と4.85m(雄)の2個体。そして1990年に同区三保で採集された約30cmの幼魚を展示しています。

◆・大阪市立自然史博物館(大阪府大阪市)←リュウグウノツカイ標本を展示

◆マリンワールド海の中道(福岡県福岡市)←リュウグウノツカイ標本を展示

◆・道の駅「北浦」(宮崎県延岡市)←リュウグウノツカイ標本を展示

 

YOTUBEチャンネルをフォローください。

つくねパパの生き物探訪 - YouTube

 

リュウグウノツカイとは?

リュウグウノツカイの概要は、Wikipediaを引用します。

 リュウグウノツカイ - Wikipedia

リュウグウノツカイ(竜宮の使い、学名:Regalecus glesne)はアカマンボウ目リュウグウノツカイ科に属する魚類の一種。
リュウグウノツカイ属における唯一の種。特徴的な外見の大型深海魚。
発見されることがほとんどなく、目撃されるだけで話題になる場合が多い。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cc/King_of_herrings.png

 

 

リュウグウノツカイに関する最近のニュース

www.fukuishimbun.co.jp


寄り添うように泳ぐリュウグウノツカイ

www.fukuishimbun.co.jp

www.chunichi.co.jp

 

リュウグウノツカイ に関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど「リュウグウノツカイのいる水族館」についてまとめてみました。

興味深いですよ!!リュウグウノツカイ