アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用関連でつぶやきます。「生き物探訪」記事もSEOのショーケース。

アリエスコム-ARIEScom.jp 事業概要

アリエスコム ARIEScom.jpとは

アリエスコムは、後段に示す加藤智明が主宰する「(デジタル)マーケティング支援事業」の屋号であり、ARIEScom.jpをドメインとしています。

当サイトでは、アリエスコム(ARIEScom.jp)の事業を紹介しています。Google等検索エンジンのアルゴリズム(音声検索などでの)結果表示の変更を即座に把握し、SEO(検索エンジン最適化策)をアップデートしていくためのSEOのショーケースの役割もかねています。

 

アリエスコムが提供するサービスの基本スタンス

アリエスコム(ARIEScom.jp)が提供するマーケティング支援サービスは、企業の「デジタルの強みを生かしたブランディング」に貢献することが特徴です。

1980年代に脚光をあびたCI(コーポレイトアイデンティティ)計画では、MI(マインドアイデンティティ=理念体系の整備)、VI(ビジュアルアイデンティティ=社名やシンボルのデザイン)、BI(ビへイビアアイデンティティ(社員行動様式))を整えることで企業のアイデンティティを明示できるとしていたように、マスマーケティング時代のコーポレート階層のブランディングは、社名変更やシンボルなどの静的なデザインとそのアプリケーション展開が重視されました。

事業・製品階層のブランディングでも、広告や商品(パッケージ)などでのシンボリックなデザインや、マニュアル化されたサービス(ふるまい)などの企業から発信された「情報」によりブランドイメージが形成されたといえます。

マスマーケティングにおけるブランディングは、タッチポイント(「真実の瞬間」)で、企業側から発信される(シンボリックなデザインや広告表現、企業人行動(ふるまいなどの)”インパクトある表現”で成立することが多くを占めていました。

ところが、ソーシャルメディアやスマホ、シェアリングエコノミーを推進するクラウドサービスなどソーシャルテクノロジーの普及により導かれた新バージョンのマーケティングステージにおいては、ブランド評価の場がタッチポイント(真実の瞬間)だけではなく、また企業発の情報からだけではなくなっています。

既存のブランドファンによる評価・評判などに触れ、ブランドに「共感」を覚えた見込客が、顧客となり、そして熱狂的なファンにいたるまでの各プロセス(=カスタマージャニー)おけるコミュニケーションの連鎖に、ブランド評価の場が拡張されているのです。(※BtoB、BtoCともに)

ですから、デジタルの強みを生かしたブランディングのKFS(成功の鍵)は、そのブランディング目標共有のもとで「統合管理されたマーケティング&コミュニケーションを継続運用」していくことといえるのです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)というと、生産工程やサービスproductsの効率化・省力化(IoT含む)や、流通・Placeのデジタル化(EC、クラウドファンディング含む)をあげる例が多くみられますが、それらの多くは単なる「e化」や「デジタル化」にすぎないことが多いようです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の本質は、4P(または4C)すべてを最適化していくマーケティングMIXのデジタル適応(=マーケティングDX)であろうと私は考えます。それ故、デジタルの強みを生かしたブランディングは、DX(≒マーケティングDX)の成果そのものと位置付けています。

マスマーケティング時代の4Pに位置付けられたPromotionは、4Cのcommunicationコミュニケーションに変容しています。

上記を踏まえ、

デジタルの強みを生かしたブランディングの各ステージをクリアするためには、マスマーケティングでは無視するしかなかった「口コミ・評判の場」にも積極的に関与し顧客満足に働きかける統合コミュニケーションの継続実施といった新しいアイテムを駆使することが求められているいえるのです。

f:id:tsukunepapa:20210113005234j:plain

デジタルの強みを生かしたブランディング(マーケティングDX)

このような考え方の下、アリエスコム(ARIEScom.jp)はつぎのようなサービスをメインサービスと位置付け提供しています。

 

アリエスコムのメインサービス

アリエスコム(ARIEScom.jp)のメインサービスは、以下のように説明できます。

<アリエスコム(ARIEScom.jp)のメインサービス・コンセプト>

アリエスコム(ARIEScom.jp)は、

  • 「マーケティング&コミュニケーションのPDCAサイクルでの運用を(設定し、)伴走(チェックと改善提案)することにより、
  • 「多対多コミュニケーション」を最適運用に導き、
  • クライアントの「デジタルの強みを生かしたブランディング(≒マーケティングDX)」の目標達成に貢献する

コンサルティングを、メインサービスとしています。

 

アリエスコムが提供する単発サービス

アリエスコム-ARIEScom.jpの公式サイト https://www.ariescom.jp/
は、コンテンツマーケティング、SEO(検索エンジン最適化)、アフィリエイト・GoogleAdsenseなどのサイト運用施策やマネタイズのショーケースを兼ねています。

コンテンツSEOでは、最上位表示(強調スニペット表示)Google音声検索への対応などGoogleのアルゴリズムと結果表示(クエリー)の変化を確認するため、当サイトにてテスト運用しています。

「ラッコのいる動物園水族館は?」「アフリカゾウのいる動物園は?」など、Googleに問い合わせしていただければ、最新のSEO施策の効果を実感いただけます。

 

上記のような機能・スキルをいかした、単発・短期間で提供可能なサービスメニューも用意してあります。お気軽に問い合わせください。

<アリエスコムの単発型サービス>

  • オウンドメディアクリニック
  • (TOPインタビュー、analytics共有を前提に)ブランディング指標(KPI)開発
  • ソーシャルメディア公式アカウント中の人代行
  • (SEOを配慮した)コンテンツマーケティング-カスタマジャーニーに対応
  • コンテンツSEO-Google音声検索への最適化、Q&A情報の構造化含む
  • 運用型広告(Google広告・ソーシャルメディア広告)
  • R&Dプロデュース・ディレクション

 
アリエスコム(ARIEScom.jp)へのお問合せは、以下からお願いします。↓↓

www.ariescom.jp

 

 

f:id:tsukunepapa:20171020195751j:plain

 

アリエスコムの「BtoB業務_連携企業」

株式会社デジタルマーケティング
株式会社デジタルガレージ
株式会社DGマーケティングデザイン
株式会社コミュニケーション科学研究所

 

アリエスコムの「クライアント(受注実績)」

デジタルガレージグループ
カカクコムグループ
◆その他 官公庁、団体、企業(化粧品、パッケージソフトウェア・アプリ、観光・宿泊業、学校・スクール等)多数

 

アリエスコムの事業所所在地

※コロナ禍で在宅(東京都世田谷区)にてリモートワーク中です。宅配や郵送先に関しては、お手数ですが問い合わせください。

--

〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南3-5-7
デジタルゲートビル2階
オープンネットワークスペース内
アリエスコム 加藤智明
--

お問合せ・お引き合い等の連絡は、以下からお願いします。↓↓

アリエスコムへのお問い合わせ - アリエスコム-ARIEScom.jp

 

加藤智明のプロフィール

株式会社 デジタルマーケティング  プロデューサー
●「アリエスコム(ARIEScom.jp)」 事業主宰

1959年東京都生まれ。
市場調査会社でのR&D業務経験を活かし、1999年よりデジタルガレージグループにおいてWebマーケティング、ネットビジネス支援、Eコマースコンサルティングに携わる。 (株)イーコマース総合研究所_取締役(電子店舗研究会事務局長兼任)、(株)インタースコープ・フロンティア総研取締役、(株)デジタルガレージ Webプロデューサ(~2014年6月)を歴任。
(市民ZOOネットワーク サポーター)
(WWF一般会員)

 

講師、講演:
・帝京大学リカレントカレッジ(2020年~) 受講一覧・申込 | 帝京大学

・BtoBコミュニケーション大学校講師(2015年~)

 日本BtoB広告協会:「BtoBコミュニケーション大学校」の開校
テーマ:「企業におけるソーシャルメディア活用」) http://www.bbaa.or.jp

 

著書:
・「超図解 日本版Web2.0最前線」(エクスメディア)(共著)
・「CGMマーケティング-Web2.0時代のクチコミの力」(MYCOM新書)(共著)

寄稿:
・「書き込みのできるWeb2.0でマーケティングが変わる」(TKC出版「経営者の四季2007年1月号」)
・「Webサイトの効果的な構築方法」(MdN「web creators - 2008年9月号」巻末特集「WEBを成功に導くプロの管理・運営手法」)
・「Webによるコミュニケーション最適化と個人投資家向けIR効果」(日本IR協議会「IR-COM」2009年5月号)
・「CGMから考えるWeb制作とコミュニケーション」(MdN Interactive)

www.mdn.co.jp
・「ニュース&トピックス-COLUMN」(MdN Interactive)

・「ソーシャルメディアが牽引する『B』の曖昧化と『BtoB』の多様化」(月刊「BtoBコミュニケーション2018年1月号) 

日本BtoB広告協会:月刊「BtoBコミュニケーション」2018年 1月号

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

加藤 智明(@tsukunepapa)がシェアした投稿

 

・「変わる企業のソーシャルメディア活用」(月刊「BtoB コミュニケーション2018年11月号」)

日本BtoB広告協会:月刊「BtoBコミュニケーション」2018年 11月号

 ・「企業におけるソーシャルメディアの上手な使い方」(月刊「BtoB コミュニケーション2019年11月号」)

日本BtoB広告協会:月刊「BtoBコミュニケーション」2019年 11月号

以上。

f:id:tsukunepapa:20171020195950j:plain

アリエスコム(ARIEScom.jp)