アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用関連でつぶやきます。「生き物探訪」記事もSEOのショーケース。

大崎公園子供動物園の見どころ、大崎公園子供動物園で会いたい動物種(亜種)

大崎公園子供動物園(埼玉県さいたま市)の見どころ、大崎公園子供動物園で会いたい動物種(亜種)」「大崎公園子供動物園のオンリーワン&ナンバーワン-日本でここだけなど見どころ動物種(亜種)」について、以下の目次で記載します。

他の動物園に関するコンテンツは「〇〇〇(動物園名)+ オンリーワン」の検索でお探しいただけます。

 

「つくねパパの生き物探訪」ログからの気づき

「〇〇のいる動物園」「△▼のいる水族館」など、動物たちの種(亜種)名で検索すると確認できる「つくねパパの生き物探訪」のログ。

多くの動物たちの種(亜種)名で記事を書いていると、その飼育展示種(亜種)が国内ではそこだけの、国内オンリーワンの飼育種(亜種)だったり、ある個体の特徴が国内ナンバーワンだったりする大崎公園子供動物園(埼玉県さいたま市)の国内オンリーワンや国内ナンバーワンをまとめてみます。

「つくねパパの生きもの探訪」を振り返って気づいた、国内オンリーワンや国内ナンバーワンを記載しますので、抜けや誤解も多いことと思います。

メッセージやコメントを頂戴いただければ、修正・加筆し、できるだけお役に立つコンテンツにしていこうと思っています。

 

大崎公園子供動物園(埼玉県さいたま市)だけのオンリーワン動物種(亜種)

日動水(JAZA)の飼育動物検索によると、日動水(JAZA)加盟の動物園水族館において、以下の動物種(亜種)を飼育展示しているのは、大崎公園子供動物園だけのようです。展示状況に関しては、大崎公園子供動物園に問い合わせください。

※JAZA加盟園館以外の施設や個人での飼育例はある可能性があります。
---

オナジマイマイ 学名 Bradybaena similaris

 オナジマイマイ - Wikipedia

オナジマイマイ(同蝸牛)、学名 Bradybaena similaris は、有肺目オナジマイマイ科に分類されるカタツムリの一種。人家付近や田畑などで見られ、野菜や苗などを食害する小型のカタツムリである。東南アジア原産だが農作物に付着し、日本を含む世界各地で外来種として分布を広げた。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/95/Bradybaena_similaris_01.JPG

特徴:
成貝は殻高13mm・殻径18mmほどで、カタツムリとしてはやや小型である。貝殻の螺層は5.5階でよく膨らむ。貝殻は半透明の黄白色か褐色で、褐色の色帯が1本入るものと入らないものがいるので、殻の配色は計4パターンとなる。有帯は無帯に,黄色は赤色に遺伝的に優性である。この中では黄白色・無帯のものが多い。臍孔は小さい。ウスカワマイマイに似るが小型で体層は大きく発達せず、殻口が肥厚するので区別できる。軟体部は淡褐色をしている。

本来の分布域は東南アジアで、基産地はティモール島である。しかしチャノキ、サツマイモ、サトウキビなどの農作物に付着し、これらの伝播とともに世界各地の熱帯・温帯地域に分布を広げてしまった。
日本でも北海道南部以南の各地で見られる。

人家付近の庭園や農耕地などに生息し、草木の根元などに潜む。山林には生息しない。日本産カタツムリではウスカワマイマイと同様に人里に出現しやすい種類である。

雌雄同体なので交尾により他個体と精莢を交換した後に産卵する。春から秋まで産卵するが、特に6-8月によく産卵する。
また秋に交尾した個体はそのまま越冬し翌年春に産卵する。
交尾回数が多いほど産卵数と産卵回数も増え、産卵期間も長くなる。
1度の産卵数は約20個で、産卵後2-3週間で孵化し、この子貝は生後100日ほどで性成熟し繁殖可能になる。寿命は少なくとも3年とみられている。

大崎公園子供動物園(埼玉県さいたま市)飼育展示動物の国内ナンバーワン

「繁殖賞」実績

(公社)日本動物園水族館協会に加盟している動物園や水族館において、日本で初めて繁殖に成功した動物について表彰されるのが繁殖賞。大崎公園子供動物園の過去の実績です。
※現在は飼育展示されていない動物種もあります。

---

  • 該当なし

「古賀賞」実績

動物園および水族館での個体繁殖においてすぐれた功績のあった国内の組織団体に授与される古賀賞。

---

  • 該当なし

「エンリッチメント大賞」実績

環境エンリッチメント(=人とともにくらす動物の飼育環境を向上させることを目的にした様々な取り組み)に取り組む動物園や飼育担当者を応援し、市民のみなさまがエンリッチメントを正しく理解・評価することにより、市民と動物園をつなぎ、市民の動物園に対する意識を高めることを目指して、2002年度より市民ZOOネットワークが実施している「エンリッチメント大賞」。

 ---

  • 該当なし

 

大崎公園子供動物園の見どころ、大崎公園子供動物園で会いたい動物種(亜種)

2020年秋での大崎公園子供動物園の見どころ動物種(亜種)を、以下にまとめます。

--

日本国内の動物園(JAZA加盟園)では、大崎公園子供動物園でしか飼育展示されていない「オンリーワン動物」は、以下の動物です。

オナジマイマイ

以下の動物も飼育展示している施設(日動水(JAZA)加盟の動物園水族館)は少なく、おススメです。

---

ヒダリマキマイマイ 学名 Euhadra quaesita

 ヒダリマキマイマイ - Wikipedia

ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)、学名 Euhadra quaesita は、有肺目オナジマイマイ科に分類されるカタツムリの一種。
日本の本州北部と周辺島嶼に分布し、比較的目に付く機会も多い。
また、チャイロヒダリマキマイマイ(茶色左巻蝸牛)E. q. Montium、ヘグラマイマイ(舳倉蝸牛)E. q. heguraensis の2亜種が知られる。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9c/Euhadra_quaesita.jpg

アメリカアカリス 学名 Tamiasciurus hudsonicus

 Pine squirrel - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/ce/Tamiasciurus_hudsonicus_001.jpg

ハイイロガン 学名 Anser anser 英名 Greylag Goose

 ハイイロガン - Wikipedia

ハイイロガン(灰色雁、Anser anser)は、カモ目カモ科マガン属に分類される鳥類。マガン属の模式種。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b7/Greylag_Goose_%28Anser_anser%29.jpg

オンブバッタ 学名 Atractomorpha lata

 オンブバッタ - Wikipedia

オンブバッタ(負飛蝗)Atractomorpha lata は、バッタ目(直翅目)・オンブバッタ科に分類されるバッタの一種。
和名通り、メスの上にオスが乗っている姿が知られる。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f1/Atractomorpha_lata_which_copulates_08Oct4.jpg

オオカマキリ 学名 Tenodera aridifolia

 カマキリ - Wikipedia

日本産のカマキリ
日本には、カマキリ科とハナカマキリ科に属する2科9種が生息している。

カマキリ科 Mantidae

オオカマキリ(褐色型)
オオカマキリ Tenodera aridifolia Stoll, 1813
体長:オス68 - 90mm、メス75 - 95mm
分布:北海道、本州、四国、九州、対馬、日本以外では朝鮮半島、中国、東南アジア

日本最大のカマキリで、体色は緑色型と褐色型が知られる。チョウセンカマキリやウスバカマキリとよく似ているが、後翅の付け根を中心とした大部分が暗紫褐色なので区別できる。
前脚の内側に模様がなく、左右の前脚の間の胸は目立たない淡い黄色、もしくは黄色斑紋上部縁側がエンジ色をしている。
川原や林縁の草むらに生息する。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9f/Ookamakiri.JPEG

  

大崎公園子供動物園に関するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど、「大崎公園子供動物園(埼玉県さいたま市)の見どころ、大崎公園子供動物園で会いたい動物種(亜種)」「大崎公園子供動物園のオンリーワン&ナンバーワン-日本でここだけなど見どころ動物種(亜種)」についてまとめてみました。

メッセージやコメントを頂戴すれば、修正・加筆し、できるだけお役に立つコンテンツにしていこうと思っています。改めましてよろしくお願いします。

興味深いですよ!!大崎公園子供動物園