アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

Hammerhead shark シュモクザメのいる水族館は?飼育展示水族館とシュモクザメ情報まとめ

シュモクザメのいる水族館」「ハンマーヘッドシャークのいる水族館」として、シュモクザメ飼育展示水族館とシュモクザメ情報を以下の目次で記載します。

シュモクザメのいる水族館がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)
 https://www.jaza.jp/
◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す
 飼育動物検索 | 動物園と水族館

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

シュモクザメのいる水族館(日動水・JAZA加盟園館)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で、「シュモクザメ」を検索し、その結果を「シュモクザメのいる水族館」「ハンマーヘッドシャークのいる水族館」として一覧(リスト)にしました。

f:id:tsukunepapa:20200321100528p:plain

シュモクザメのいる水族館(日動水・JAZA加盟館)

 

上記を踏まえ、

シュモクザメのいる水族館(日動水・JAZA加盟館)は、アクアワールド大洗水族館、葛西臨海水族園、アクアパーク品川、八景島シーパラダイス、のとじま水族館、越前松島水族館、海遊館、須磨海浜水族園、しまね海洋館アクアス、大分マリーンパレスうみたまごの10施設です。

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「シュモクザメ飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない施設(個人を含む)で飼育されているシュモクザメの情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

・仙台うみの杜水族館
・上越市立水族博物館 うみがたり
・名古屋港水族館
・マリンワールド海の中道

シュモクザメのいる水族館

上記データから「シュモクザメのいる水族館」を以下に列挙します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

--

・仙台うみの杜水族館

アカシュモクザメ:

アクアワールド大洗水族館(茨城県大洗町)

アカシュモクザメ:
シロシュモクザメ:

葛西臨海水族園(東京都江戸川区)

アカシュモクザメ:

アクアパーク品川(東京都港区)

アカシュモクザメ:

八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市)

アカシュモクザメ:

・上越市立水族博物館 うみがたり

アカシュモクザメ:

のとじま水族館(石川県七尾市)

アカシュモクザメ:

越前松島水族館(福井県坂井市)

アカシュモクザメ:

・名古屋港水族館

アカシュモクザメ:

海遊館(大阪府大阪市)

アカシュモクザメ:

須磨海浜水族園(兵庫県神戸市)

アカシュモクザメ:

しまね海洋館アクアス(島根県浜田市)

アカシュモクザメ:

・マリンワールド海の中道

アカシュモクザメ:

大分マリーンパレス うみたまご(大分県大分市)

アカシュモクザメ:

 

※YOUTUBEチャンネルをフォローください。

 つくねパパの生き物探訪 - YouTube

 

シュモクザメとは?

シュモクザメの概要は、wikipediaを引用します。

 シュモクザメ - Wikipedia

シュモクザメ(撞木鮫、英名:Hammerhead shark、単にHammerheadとも)はメジロザメ目のシュモクザメ科(Sphyrnidae)に属するサメの総称。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/12/Sphyrna_lewini_school2.jpg

特徴:頭部が左右に張り出してその先端に目と鼻孔があり、鐘や鉦(和楽器)を打ち鳴らす丁字形の撞木(しゅもく)のような頭の形をしていることから「撞木鮫」、英語では頭を金槌に見立てて「Hammerhead shark」(金槌頭のサメ)と呼ばれている。
この横に張り出た部分にはロレンチーニ瓶と呼ばれる微弱な電気を感知する器官があり、シュモクザメは他種のサメに比べて非常に発達したロレンチーニ器官を持っている。
また捕食時に特徴的な頭部で海底付近のエイを掘り出したり、獲物に頭部を打ち付け押さえ込む格好にして捕食したりする。しかしシュモクザメの目は離れすぎているため真正面は死角になってしまっている。

 

シュモクザメに関する最近のニュースを以下にあげておきます。

openers.jp

news.arukikata.co.jp

 

シュモクザメ に関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど、「シュモクザメのいる水族館」について、まとめてみました。

興味深いですよ!!シュモクザメ。