アリエスコム-ARIEScom.jp

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

Douc Langur ドゥクラングールを飼育展示している動物園

世界一美しいサルともいわれる「ドゥクラングールのいる動物園」「アカアシドゥクラングールのいる動物園」「ドゥクモンキーのいる動物園」について、以下の目次で記載します。

ドゥクラングールのいる動物園がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)https://www.jaza.jp/

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す 

動物を探す | 動物園と水族館

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

アカアシドゥクラングールを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で「ドゥクラングール」を検索し、その結果を「Red-shanked Douc Langur アカアシドゥクラングールのいる動物園」として一覧(リスト)にしてみました。

f:id:tsukunepapa:20190905140638p:plain

アカアシドゥクラングールのいる動物園

上表の補足情報を以下に・・・・。

アカアシドゥクラングールのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)は1施設

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「ドゥクラングール飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない施設(個人を含む)で飼育されているドゥクラングールの情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

・情報なし

アカアシドゥクラングールのいる動物園

上記データから「アカアシドゥクラングールのいる動物園」を以下に列挙します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

--

よこはま動物園ズーラシア(神奈川県横浜市)

アカアシドゥクラングール10頭:
コイ(オス、1995年11月6日タイ生まれ)、
ツバオ(メス、2006年8月18日シンガポール動物園生まれ)、
ムー(メス、2013年12月27日生まれ、父コイ・母ツバオ)、
サオ(メス、2015年7月8日生まれ、父コイ・母ツバオ)、
プク(メス、2017年5月20日生まれ、父コイ・母ツバオ)、

ラー(オス)、
ワニ(メス)、
ショーン(オス、2014年8月26日生まれ、父ラー・母ワニ)、
アーニ(オス、2015年4月23日生まれ、父ラー・母ワニ)、
マニ(オス、2017年4月23日生まれ、父ラー・母ワニ)。

http://www.m-kajimura.com/pdf/2017060703topics.pdf

ドゥク祭り!!!!!!!|飼育日誌|よこはま動物園ズーラシア公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

2017.06.17
ドゥク祭り!!!!!!!
5月20日に生まれたアカアシドゥクラングールの赤ちゃん(メス)が、いよいよ6月17日(土)から一般公開となります。
父親のコイ、母親のツバオ、7月8日に2歳になる姉のサオと一緒に家族でのお披露目です。

今回の赤ちゃんが公開の日を迎えたことで、みなさんにお目にかかれるアカアシドゥクラングールはめでたく10頭になりました!

長女のムー(2013年12月27日生まれ)
次女のサオ(2015年7月8日生まれ)
赤ちゃん(メス、2017年5月20日生まれ)

ワニ(メス)
ムー(メス 2013年12月27日生まれ)
ショーン(オス 2014年8月26日生まれ)
アーニ(オス 2015年4月23日生まれ)
マニ(オス 2017年4月23日生まれ)の群れも展示します!
6月17日、24日の土曜9:30~12:00は、家族と離れて暮らしているショーン、アーニ、マニの父親ラーを除く、9頭のアカアシドゥクラングールが一度にご覧いただけるチャンスです。

youtu.be

youtu.be

アカアシドゥクラングールとは?

アカアシドゥクラングールの概要に関しては以下にズーラシアの公式サイトを引用します。

アカアシドゥクラングール|アジアの熱帯林|動物紹介 よこはま動物園ズーラシア公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

アカアシドゥクラングール
学 名: Pygathrix nemaeus
英 名 :Red-shanked Douc Langur
概 要:熱帯雨林およびモンスーン林に10頭程の群れで生活しています。リーフイーター(葉喰いザル)の仲間で、木の葉や果物などを主食としています。
以前は、南方に分布している脚の黒いクロアシドゥクラングールや灰色のハイイロドゥクラングールとともに亜種とされていましたが、現在では独立した種となりました。
ベトナム戦争の時に、米軍によって散布された枯葉剤によって生息地の大半を失って数が激減したと言われており、生存が極めて危険な状態にあります。
体 長: 61~76cm
体 重 :14kg
分 布 :ベトナム、ラオス、カンボジア目 / 科 霊長目 / オナガザル科
希少種(レッドリスト):絶滅危惧種>絶滅危惧IB類(EN)
ワシントン条約:附属書I

ドゥクラングールに関する最近のニュース

ドゥクラングールに関する最近のニュースをいくつかあげておきます。

www.viet-jo.com

ドゥクラングールに関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど、「ドゥクラングールのいる動物園」について、まとめてみました。

興味深いですよ!!動物園でのドゥクラングールの飼育展示。