アリエスコム(ARIEScom.jp)へようこそ

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業「アリエスコム(ARIEScom.jp)」関連やウェブでの収益化関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

ハシビロコウを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

便利で役に立つ JAZA公式サイトの「飼育動物検索」

動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟園館で飼育されている動物を検索できます。

 

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)

http://www.jaza.jp/

◆動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す

http://www2.jaza.jp/animals/search01.php

 

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。2017年春までは、「3年前の年末のデータです」などといった記載があり、いまひとつ信頼性に欠けていました。

※現行システムにも、データ年度の記載の要請もしたいところですが、まずは年度データの毎年の更新を願います。

※JAZAの公式ウェブサイトの「飼育動物検索」と CPOS( コレクション計画オンラインシステム)データのリンクプログラムが、徐々にではありますが進みつつあるってことでしょうか?より拡充を望みます。

 

ハシビロコウを飼育しているJAZA加盟園

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索を使って、「ハシビロコウ」を検索し、その結果を一覧にしてみました。 

ハシビロコウを飼育展示しているJAZA(日動水)加盟園

ハシビロコウを飼育展示しているJAZA(日動水)加盟園

 上記の表をみての感想を以下に・・・・。と、その前に、

ハシビロコウとは、Wipikediaから引用しておきましょう。

◆ハシビロコウ ハシビロコウ - Wikipedia

ハシビロコウ(嘴広鸛、Balaeniceps rex)は、ペリカン目ハシビロコウ科ハシビロコウ属に分類される鳥類。本種のみでハシビロコウ科ハシビロコウ属を構成する。

【写真はWikipedia】 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/42/Balaeniceps_rex_2.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/42/Balaeniceps_rex_2.jpg

ということで、「嘴(くちばし)の広いコウノトリ」ということで和名がつけられたと推測しますが、近年のDNA鑑定によればペリカンの仲間でおちついているようです。

また、英名Shoebillは「靴のような嘴」ということのようで、どこが靴のようなの?と思いますが、ヨーロッパ伝統の木靴をみるとああなるほどと思うふしありです。

 

【写真はWikipedia】 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/eb/Dutchclogs.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/eb/Dutchclogs.jpg

それから、もうひとつ、

上野動物園のオスのハシビロコウ「シュシュ・ルタンガ」が2018年3月1日に永眠

してしまったこと。そのときの私のFacebookページタイムラインを以下にはっておきます。 

www.facebook.com

www.tokyo-zoo.net

 

お待たせしました、では、上記の検索結果表をみての感想を以下に・・・・。

1.JAZA公式サイトの「飼育動物検索」で、「ハシビロコウ」を検索して、まず思ったのは、あれ?「那須どうぶつ王国」「神戸どうぶつ王国」の両方にハシビロコウがいることになっているぞ?ということ。

那須どうぶつ王国では、2013年4月にタンザニアから3羽のハシビロコウ(アサラト、カシシ、ボンゴの3羽)を導入し飼育展示していましたが、神戸花鳥園が「神戸どうぶつ王国」としてリニューアルオープンしたのに伴い、順次、那須とうぶつ王国からハシビロコウが移動していました。それが、那須どうぶつ王国に「ウエットランド」が新たにつくられ神戸どうぶつ王国に移動していたアサラトとカシシが、那須に戻ってきたとのこと。なんでも、那須での展示開始は2018年3月24日と発表されました。ハシビロコウ那須に再び!ですね。

ウェットランド : 施設案内 : 那須どうぶつ王国 : 那須どうぶつ王国

 

2.シュシュ・ルタンガが逝って、なお、オス1メス3のハシビロコウを飼育している上野動物園

ハシビロコウが4羽いる上野動物園。

足に識別リングが付いていて、どの個体が誰か、とてもわかりやすい。特に、第一放飼場の「アサンテ」「サーナ」の2羽のメスは、その威嚇・遠慮しあうところなど、魅力満載な展示となっています。

私が撮った「サーナ」の写真は、「 Visit ほっと Zoo 2016」で上野動物園園長賞を頂戴いたしました。

「 Visit ほっと Zoo 2016」で上野動物園園長賞を頂戴したハシビロコウ サーナ(メス)の写真

「 Visit ほっと Zoo 2016」で上野動物園園長賞を頂戴したハシビロコウ サーナ(メス)の写真

ほっとフォトコンテスト入賞作品発表 | Visit ほっと Zoo 2016──都立動物園・水族園の冬を楽しむキャンペーン

 

3.最年長は、おそらく伊豆シャボテン動物公園のビル(オス)

ビル(オス)は、スーダン野生下生まれのため生年月日不詳。1973年3月にメスのシューと共に来日、1981年4月28日に、伊豆シャボテン動物公園にやってきています。

 

4.JAZA加盟園以外に、2園でハシビロコウが展示されている

那須どうぶつ王国、上野動物園、千葉市動物公園、伊豆シャボテン動物公園、神戸どうぶつ王国、のいち動物公園の6園のほかに、以下の2園でもハシビロコウが飼育展示されています。

◆掛川花鳥園

遂にオープン!ハシビロコウの森!|掛川花鳥園 鳥達の飼育日誌

2016年7月1日ハシビロコウの森がオープンしました!ワーパチパチ
かねてからお客様のラブコールが多かったハシビロコウが、めでたくデビューしたのです!

◆めっちゃさわれる動物園

http://meccha-zoo.com/blog/bird/525/

はっちゃん来園1周年記念日!

4月27日は遠く1万キロも離れたタンザニアからハシビロコウ(はっちゃん)が来園した日!

当時と比べて随分と貫禄の出てきたはっちゃんに是非お祝いのお辞儀をしにいらしてください~

などなど、感じるままに書きとめてみました。

以下には、私のハシビロコウとの楽しい思い出をいくつかはっておきます。

 ◆上野動物園のハシビロコウ「アサンテ」が、私に挨拶くれるようになったのは、この日(2015年5月23日)が初めてでした。

youtu.be

 


#shoebill stork 決定版!上野動物園の #ハシビロコウ らしい ハシビロコウ


shoebill stork ぜんぶみせてくれた #ハシビロコウ アサンテさん 


shoebill stork ハシビロコウ アサンテさん 挨拶くれた @上野動物園


shoebill stork ハシビロコウ アサンテさんが やってくる !


shoebill stork 過激すぎだよ!ハシビロコウ アサンテさん。うれしいけどね・・。

おもしろいですよ、動物園でのハシビロコウの飼育展示。