アリエスコム-ARIEScom.jp

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

釧路市動物園の見どころ、釧路市動物園で会いたい動物種(亜種)

釧路市動物園(北海道釧路市)の見どころ、釧路市動物園で会いたい動物種(亜種)」「釧路市動物園のオンリーワン&ナンバーワン-日本でここだけなど見どころ動物種(亜種)」について、以下の目次で記載します。

「つくねパパの生き物探訪」ログからの気づき

「〇〇のいる動物園」「△▼のいる水族館」など、動物たちの種(亜種)名で検索すると確認できる「つくねパパの生き物探訪」のログ。

多くの動物たちの種(亜種)名で記事を書いていると、その飼育展示種(亜種)が国内ではそこだけの、国内オンリーワンの飼育種(亜種)だったり、ある個体の特徴が国内ナンバーワンだったりすることに気づかせてくれます。

今回は、釧路市動物園(北海道釧路市)の国内オンリーワンや国内ナンバーワンをまとめてみます。

「つくねパパの生きもの探訪」を振り返って気づいた、国内オンリーワンや国内ナンバーワンを記載しますので、抜けや誤解も多いことと思います。

メッセージやコメントを頂戴いただければ、修正・加筆し、できるだけお役に立つコンテンツにしていこうと思っています。

国内では釧路市動物園(北海道釧路市)だけのオンリーワン動物種(亜種)

日動水(JAZA)の飼育動物検索によると、日動水(JAZA)加盟の動物園・水族館において、以下の動物種(亜種)を飼育展示しているのは、上野動物園だけのようです。

※JAZA加盟園館以外の施設や個人での飼育例はある可能性があります。
※現在の飼育展示状況に関しては、釧路市動物園に問い合わせください。

---

・該当なし

 

釧路市動物園(北海道釧路市)飼育展示動物の国内ナンバーワン

「繁殖賞」実績

(公社)日本動物園水族館協会に加盟している動物園や水族館において、日本で初めて繁殖に成功した動物について表彰されるのが繁殖賞。釧路市動物園の過去の実績です。
※現在は飼育展示されていない動物種もあります。

---

タンチョウ(人工)(釧路市動物園:1967年)
ホッキョクギツネ(釧路市動物園:1975年)
レッサーパンダ(釧路市動物園:1976年)
マーモット(釧路市動物園:1977年)
オタリア(釧路市動物園:1979年)
オオハクチョウ(釧路市動物園:1983年)
ゼニガタアザラシ(人工)(釧路市動物園:1986年)
アメリカヘラジカ(釧路市動物園:1986年)
オジロワシ(人工)(釧路市動物園:1989年)
エゾフクロウ(人工)(釧路市動物園:1989年)
シロフクロウ(人工)(釧路市動物園:1989年)
シマフクロウ(釧路市動物園:1995年)
ハクトウワシ(釧路市動物園:1999年)
クマタカ(釧路市動物園:2002年)
クマタカ(人工)(釧路市動物園:2008年)

 

「古賀賞」実績

動物園および水族館での個体繁殖においてすぐれた功績のあった国内の組織団体に、授与される古賀賞。

---

2007年釧路市動物園 「傷病保護個体の活用による北海道産タンチョウの累代繁殖」

 

「エンリッチメント大賞」実績

環境エンリッチメント(=人とともにくらす動物の飼育環境を向上させることを目的にした様々な取り組み)に取り組む動物園や飼育担当者を応援し、市民のみなさまがエンリッチメントを正しく理解・評価することにより、市民と動物園をつなぎ、市民の動物園に対する意識を高めることを目指して、2002年度より市民ZOOネットワークが実施している「エンリッチメント大賞」。

・実績なし

釧路市動物園(北海道釧路市)の見どころ、オンリーワン・ナンバーワンまとめ

アメリカヘラジカ(ムース)やホッキョクギツネの繁殖にはじて成功している釧路市動物園。

近年になって分散飼育が目指され釧路市動物園だけではなくなりましたが、釧路市動物園のシンボルは、カムイと位置付けられる「シマフクロウ」といえましょう。

2019年夏の時点で、釧路市動物園で見逃してはもったいないと思うのは、

・シマフクロウに代表されるフクロウやクマタカなどの猛禽(北海道ゾーンなど)

釧路市動物園2012

釧路市動物園2012

・タンチョウ(北海道ゾーン)

・オオハクチョウ(北海道ゾーン)

といったところでしょう。

もちろん、話題となっている以下の飼育展示もおすすめです。

・アムールトラ「タイガとココア」からの猛獣舎

photo_by_tsukunemum 036

20110710-12kushiro-maruyama 010

・ホッキョクグマ

photo_by_tsukunemum 016

・カナダカワウソ

カナダカワウソは、国内ではこの釧路市動物園と盛岡市動物公園の2園だけで飼育されています。

平成31年2月の釧路市動物園ニュース|釧路市動物園

2019年2月22日(金曜日)カナダカワウソ「リッキー」が盛岡市動物公園に移動しました
カナダカワウソの飼育繁殖を進めるために、当園で飼育中の「リッキー」(オス)を盛岡市動物公園に貸し出すことになりました。
2006年より、カナダカワウソ「リッキー」(オス)と「チャッピー」(メス)の飼育展示を始め、繁殖を試みてきましたが、残念ながら繁殖には至っておりません。
カナダカワウソは国内では当園と盛岡市動物公園でしか飼育されておりません。
盛岡市動物公園ではメス1頭を飼育しているため、このたび、オスの「リッキー」を貸出し、繁殖を試みることとなりました。
新しい環境に移って、子どもが生まれることを期待したいと思います。

 

釧路市動物園に関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど、「釧路市動物園の見どころ、釧路市動物園でしか会えない動物種(亜種)」釧路市動物園のオンリーワン&ナンバーワン-日本でここだけなど見どころ動物種(亜種)について、まとめてみました。

メッセージやコメントを頂戴すれば、修正・加筆し、できるだけお役に立つコンテンツにしていこうと思っています。改めましてよろしくお願いします。

興味深いですよ!!釧路市動物園