アリエスコム-ARIEScom.jp

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

Kiwi キーウィのいる動物園は?キーウィ飼育展示動物園と個体情報まとめ

「キーウィのいる動物園」について、以下の目次で記載します。

キーウィのいる動物園がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)https://www.jaza.jp/

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す 

https://www.jaza.jp/animal/search

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

キーウィを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で「キーウィ」を検索し、その結果を「Kiwi キーウィのいる動物園」として一覧(リスト)にしてみました。

f:id:tsukunepapa:20190917162703p:plain

キーウィのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

 上表の補足情報を以下に・・・・。

キーウィのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)は1施設

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「キーウィ飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない施設(個人を含む)で飼育されているキーウィの情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

・情報なし

 

キーウィのいる動物園

上記データから「キーウィいる動物園」を以下に列挙します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

---

天王寺動物園(大阪府大阪市)

キタジマキーウィ2羽:ジュン(オス)、プヌクイ(メス)。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

キーウィとは?

キーウィの概要に関しては以下にwikipediaを引用します。

キーウィ (鳥) - Wikipedia

North Island brown kiwi - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/99/Tokoeka.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/82/TeTuatahianui.jpg

キーウィ(Kiwi)は、後述するキーウィ目に分類されていた構成種Apteryx australisに対して用いられていた和名、もしくは鳥綱キーウィ目(Apterygiformes)に分類される構成種の総称である。

ニワトリほどの大きさのキーウィは、間違いなく最も小さな平胸類である(平胸類はダチョウ、エミュー、レア、ヒクイドリからも構成される)。

DNA配列比較から、キーウィは同じくニュージーランドに隔離されていたモアよりもマダガスカル島にいたエピオルニス(どちらも絶滅種)とはるかに近縁であるという驚くべき結論が得られている。

キーウィには広く認められた5つの種が存在し、そのうち4種は現在危急種、1種は近危急種に指定されている。全ての種は歴史上の森林破壊(英語版)の悪影響を受けてきたが、現在キーウィの森林生息地の残っている広大な土地は保護地と国立公園としてよく保護されている。現在のところ、キーウィの生存に対する最大の驚異は侵入したほ乳類捕食者による捕食である。

キーウィの卵は世界の鳥類の中で、体の大きさに対する割合では最も大きなものの一つである(雌の体重の最大20%).。毛のような羽根や短くどっしりとした脚、見るよりも前に餌に気付くために長いくちばしの先端にある鼻孔を使う、といったその他の特有の適応から、キーウィは国際的によく知られるようになっている。

キーウィはニュージーランドの象徴と認められており、その結び付きは、「キーウィ」という用語がニュージーランド住民に対する砕けた呼称として国際的に使われるほど強い。

分類:Clements Checklist (v2017) およびIOC World Bird List(v8.2) ではキーウィ目を構成する説を採用している。一方で2017年現在Birdlife Internatinalではキーウィ科をダチョウ目に含める説を採用している。

以前はキーウィ(タテジマキーウィ)Apteryx australis・オオマダラキーウィ・コマダラキーウィの3種で構成されていた。
A. australisの亜種のうち、亜種キタタテジマキーウィA. a. mantelliを独立種A. mantelliとして分割する説が有力とされる。2003年にApteryx rowiが新種記載された。

キーウィに関する最近のニュース

キーウィに関する最近のニュースをいくつかあげておきます。

natgeo.nikkeibp.co.jp

news.nicovideo.jp

 

キーウィに関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど、「キーウィのいる動物園」について、まとめてみました。

興味深いですよ!!動物園でのキーウィの飼育展示。