アリエスコム-ARIEScom.jp

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

Alpine Chamois シャモアを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

シャモアのいる動物園」について、以下の目次で記載します。

「カモシカのいる動物園」でも、シャモアについて言及していますので、あわせて参照ください。www.ariescom.jp

シャモアのいる動物園がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)http://www.jaza.jp/
◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す
飼育動物検索 | 動物園と水族館

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

シャモアを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で、「シャモア」を検索し、その結果を「Alpine Chamois シャモアのいる動物園」として一覧(リスト)にしてみました。

f:id:tsukunepapa:20190622111944p:plain

シャモアのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

上表の補足を以下に・・・・。

シャモアのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)は1施設

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「シャモア飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない施設(個人を含む)で飼育されているシャモアの情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

・情報なし

シャモアのいる動物園

上記データから「シャモアのいる動物園」を以下に列挙します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

--

多摩動物公園(東京都日野市)

シャモア1頭:モンブラン(オス)。

シャモアをついに公開! | 東京ズーネット

2008/05/02
一昨年、日本カモシカセンターが2006年11月30日に閉鎖されることになり、多摩動物公園では、2006年10月にシャモア3頭(オス2頭、メス1頭)を引き取りました。このたび施設が整備されたため、2008年5月1日からシャモアを公開しています。

シャモアがデビュー! - うごく!どうぶつ図鑑 - 東京ズーネットBB

もう1頭のシャモア | 東京ズーネット

閉園間際の日本カモシカセンターから3頭のシャモアが多摩動物公園にやってきたのは、2006年11月のことでした。オスの「ヤックル」とメスの「アルプス」、そして、2頭の子どもであるオスの「モンブラン」です。

シャモアの鳴き声 | 東京ズーネット

サマーナイトのイベントで辺りが真っ暗になり、来園者も少ないときでした。ブブ……ブブブ……という音が断続的に聞こえてきました。最初はどこかでカブトムシがひっくり返って暴れているのだろうと気にもしませんでしたが、何か違うなと思い注意すると、音の聞こえてくる方向にモンブランがいて鳴き声を出すときの姿勢をして口を動かしています。

シャモアとは?

シャモアの概要(写真)は、wikipediaを引用します。

シャモア - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Rupicapra_eating.jpg

シャモア(Rupicapra rupicapra)は、哺乳綱偶蹄目ウシ科シャモア属に分類される偶蹄類。シャモア属の模式種。シャモワとも。

亜種
-Rupicapra rupicapra asiatica Lydekker, 1908 トルコシャモア Turkish chamois 生息地:トルコ
-Rupicapra rupicapra balcanica Bolkay, 1925 バルカンシャモア Balkan chamois 生息地:アルバニア、ギリシア、クロアチア、スロベニア、セルビア、ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア共和国、モンテネグロ
-Rupicapra rupicapra carpatica Coutourier, 1938 カルパチアシャモア Carpathian chamois 生息地:ルーマニア
-Rupicapra rupicapra cartusiana Couturier, 1938 フランスシャモア Chartreuse chamois 生息地:フランス
-Rupicapra rupicapra caucasica Lydekker, 1910 カフカスシャモア Caucasian chamois 生息地:アゼルバイジャン、ジョージア、ロシア
-Rupicapra rupicapra rupicapra Linnaeus, 1758 アルプスシャモア Alpine chamois 生息地:イタリア、オーストリア、スイス、ドイツ、フランス
-Rupicapra rupicapra tatrica Blahout, 1972 タトラシャモア Tatra chamois 生息地:スロバキア、ポーランド

シャモアは、1907年にオーストリア帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世によってニュージーランドに贈られた。初めはクック山に放され、徐々に南島全域に広がっていった。現地ではしばしばChamyと呼ばれる。ニュージーランドではシャモアの狩りは規制されておらず、ニュージーランド独自の生態系を守る為に、むしろ政府により奨励されている。ニュージーランドのシャモアはヨーロッパの同年齢のものよりも20%程度体重が少ないが、これは餌が限られているためだと考えられている。しかし、角の長さはヨーロッパの最大のものにも匹敵し得る。

利用:シャモアの肉は味が良いため、ジビエとして人気がある。また背中から首にかけて生えている毛は、アルプス地方の国で伝統的な帽子の飾りに使われている。

ヤギ亜科 - Wikipedia

ヤギ亜科

-バーバリーシープ属 Ammotragus
-アラビアタール属 Arabitragus[10]
-ターキン属 Budorcas
-ヤギ属 Capra
-カモシカ属 Capricornis
-ヒマラヤタール属 Hemitragus
-ゴーラル属 Nemorhaedus
-ニルギリタール属 Nilgiritragus[10]
-バーラル属 Pseudois
-シロイワヤギ属 Oreamnos
-ジャコウウシ属 Ovibos
-ヒツジ属 Ovis
-チルー属 Pantholops
-シャモア属 Rupicapra

シャモアに関する最近のニュース

シャモアに関する最近のニュースをいくつかあげておきましょう。

www.swissinfo.ch

動物学

---

興味深いですよ!!

動物園でのシャモアの飼育展示。