アリエスコム(ARIEScom.jp)

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

Bornean White-bearded Gibbon ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園は?飼育展示動物園と個体情報まとめ

こちらでは「ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園」について以下の目次で記載してあります。

ボルネオシロヒゲテナガザルに限らない「テナガザルのいる動物園」については下記を参照ください。

www.ariescom.jp

ボルネオシロヒゲテナガザルはアジルテナガザルの亜種です。「アジルテナガザルのいる動物園」は以下を参照ください。

www.ariescom.jp

ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園がわかる「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)
 https://www.jaza.jp/
◆日動水(JAZA)飼育動物検索
 動物を探す | 動物園と水族館

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で「ボルネオシロヒゲテナガザル」を検索し、その結果を「Bornean White-bearded Gibbon ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園」として一覧にしてみました。

f:id:tsukunepapa:20200708212153j:plain

ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)

上記を踏まえ、

ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)は、のんほいパーク 豊橋総合動植物公園、ときわ動物園の2施設です。

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「ボルネオシロヒゲテナガザル飼育施設」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない日本国内の施設(個人を含む)で、飼育されているボルネオシロヒゲテナガザルの情報を以下に記します。

また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。

<日動水(JAZA)に非加盟のボルネオシロヒゲテナガザル飼育施設>

  • 該当情報なし

ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園

上記データから「ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園」を以下に列挙します。

追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。

--

のんほいパーク 豊橋総合動植物公園(愛知県豊橋市)

ボルネオシロヒゲテナガザル1頭:
ピッピ(オス、ボルネオ生まれ→1973年3月のんほいパークへ)。

テナガザル|動物紹介|豊橋総合動植物公園

当園は、オスの「ピッピ」とメスの「アンナ」の2頭を飼育しています。
(※アンナ(メス)はミュラーテナガザル)
「ピッピ」は、1973年3月8日に来園しましたが、来園時は約1才でミルクや離乳食を与えていました。
年を取ると穏やかになると言われますが、最近ますます短気になったような気がします。
当園での餌は、野菜、果物、サル用ペレットなど11種類を与えています。
飼育担当の一言・・・訳あって展示は、オスとメスを1日交代で行っています。

www.ariescom.jp

ときわ動物園(山口県宇部市)

ボルネオシロヒゲテナガザル2頭:
ジョイナー(メス)、
カール(メス)。

※ローズ(メス、1995年10月1日到津の森公園生まれ→2000年6月ときわ動物園へ)は、アジルテナガザル系・種不明

www.tokiwapark.jp

比較しやすいシロテテナガザルの『モンジロウ』とボルネオシロヒゲテナガザルの『ジョイナー』・・・

ちなみに、テナガザルの『黒手』は第一繁殖棟の少し離れたところに『カール』と『ローズ』がいるので見れますよ!

www.ariescom.jp

 

YOTUBEチャンネルをフォローください。

つくねパパの生き物探訪 - YouTube

 

ボルネオシロヒゲテナガザルとは?

ボルネオシロヒゲテナガザルの概要は、Wikipediaを引用します。

 Bornean white-bearded gibbon - Wikipedia

ボルネオシロヒゲテナガザル(またはボルネオアジルテナガザル)はボルネオ島南部に生息するテナガザル。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/15/Witwanggibbon_%285965099486%29_%283%29.jpg

 アジルテナガザル - Wikipedia

アジルテナガザル(またはクロテテナガザル)は、テナガザル科の霊長類である。特定動物。

分布:インドネシア(スマトラ島(北部を除く)、ボルネオ島南西部)、マレーシア(マレー半島の一部)

形態:体毛は黒から赤茶まで様々な色をしているが、眉部の毛は常に白色で、オスはさらに頬部の毛も白色(または明るい灰色)である。なお、オスはメスより少し体サイズが大きいことからも区別できる。
アジルテナガザルの平均体重は5.5kg、体長は40~60cmである。他のテナガザル同様、尾はない。

亜種:アジルテナガザルには3亜種が存在する。

・Hylobates agilis agilis マウンテンアジルテナガザル Mountain agile gibbon
・Hylobates agilis albibarbis ボルネオシロヒゲテナガザル Bornean white-bearded gibbon
・Hylobates agilis unko ローランドアジルテナガザル Lowland agile gibbon
ボルネオシロヒゲテナガザルを独自の種に分類する学説もある。

ボルネオシロヒゲテナガザルに関する最近のニュース

ボルネオシロヒゲテナガザルに関する最近のニュースを以下にあげておきます。

mainichi.jp

 

ボルネオシロヒゲテナガザル に関連するグッヅ・書籍

動物学に関する書籍

---

などなど「ボルネオシロヒゲテナガザルのいる動物園」についてまとめてみました。

興味深いですよ!!ボルネオシロヒゲテナガザル