アリエスコム(ARIEScom.jp)へようこそ

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業「アリエスコム(ARIEScom.jp)」関連やウェブでの収益化関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

トキを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

「トキのいる動物園」「トキ(亜)科のいる動物園・水族館」について、以下の目次で記載しています。

 役に立つ日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)公式サイトの「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)http://www.jaza.jp/

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探すhttp://www2.jaza.jp/animals/search01.php

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。

 

*1

 

トキ(トキ(亜)科)を飼育展示している動物園・水族館(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で「トキ」を検索し、その結果を「トキのいる動物園」「トキ(亜)科のいる動物園・水族館」として一覧にしてみました。

※トキ(亜)科の中で「トキ」の綴りがはいっていない種がありましたら検索漏れしている可能性があります。

f:id:tsukunepapa:20181206200028p:plain

トキを飼育展示している動物園・水族館(日動水・JAZA加盟園館)

上表をみての感想を以下に・・・・。

 1.日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)公式サイトの「飼育動物検索」結果で、「トキ」で検索し、トキ(亜)科に含まれる13種類が登録されている。

2.トキを飼育展示しているのは動物園ばかりではなく、「鳥羽水族館」「海遊館」といった水族館にもショウジョウトキがいる。

3.トキ科、トキ亜科については、wikipediaを引用します。

トキ科 - Wikipedia

かつてはコウノトリ目に入れられていたが、近年ペリカン目に移された。トキ亜科とヘラサギ亜科の2亜科に分けられる。

トキ亜科 Threskiornithinae

-テリハトキ属 Bostrychia
--サントメテリハトキ
--イボトキ
--ハダダトキ
--テリハトキ(オリーブトキ)
--ムナフトキ
-オナガトキ属 Cercibis
--オナガトキ
-シロトキ属 Eudocimus
--シロトキ
--ショウジョウトキ
-ハゲトキ属 Geronticus
--ハゲトキ
--ホオアカトキ
-マダガスカルトキ属 Lophotibis
--マダガスカルトキ
-アオアシトキ属 Mesembrinibis
--アオアシトキ(ミドリトキ)
-トキ属 Nipponia
--トキ
-サカツラトキ属 Phimosus
--サカツラトキ
-ブロンズトキ属 Plegadis
--カオジロブロンズトキ(メガネトキ)
--ブロンズトキ(カマハシトキ)
--アンデストキ(ナンベイブロンズトキ)
-アカアシトキ属 Pseudibis
--カタジロトキ
--オニトキ
--アカアシトキ
-カオグロトキ属 Theristicus
--ハイイロトキ
--クロハラトキ
--カオグロトキ
-クロトキ属 Threskiornis
--アフリカクロトキ
--クロトキ
--オーストラリアクロトキ
--ムギワラトキ
ヘラサギ亜科 Plataleinae

4.トキ属Nipponia/Nipponia nipponトキCrested ibis)の日本国内飼育は、「佐渡トキ保護センター」が中心となり、佐渡に「佐渡トキ野生復帰ステーション」「佐渡市トキふれあい施設」がある。その他、分散飼育の拠点として「長岡市トキ分散飼育センター」「多摩動物公園」「いしかわ動物園」「出雲市トキ分散飼育センター」が連携し機能しているということです。

 5.トキ属Nipponia/Nipponia nipponトキCrested ibis)を飼育している動物園としては多摩動物公園が実績がありますが、原則非展示なもので、いしかわ動物園での公開施設「トキ里山館」は注目されます。

バードストリート|展示動物紹介|園内ガイド|いしかわ動物園

トキ里山館  Toki Satoyama Center
2016年11月19日にオープンした施設です。 エサをついばむトキを間近に観察したり、棚田風の湿地や樹木など、里山を再現した環境の中で、 トキが暮らす姿を観察することで、日本の里山で生活するその暮らしぶりを感じとることができます。 展示場の隣接する学習展示コーナーではトキの嘴や足などを他の鳥と比べたり、本物の羽を触ったりしながらトキのことを学ぶことができます。

 ◆多摩動物公園でのトキ保護増殖事業
多摩動物公園では、環境省が進めるトキ保護増殖事業に協力するため、佐渡トキ保護センターからトキをあずかり、非公開エリアで飼育しています。2018年も飼育個体が産卵し、8羽が無事に育っています。
 
日本国内の飼育状況(2018年8月7日現在。放鳥した個体を除く)
・佐渡トキ保護センター 82羽 (うち2018年生 5羽)
・佐渡トキ野生復帰ステーション 55羽 (うち2018年生 7羽)
・多摩動物公園 16羽 (うち2018年生 8羽)
・いしかわ動物園 16羽 (うち2018年生 6羽)
・出雲市トキ分散飼育センター 9羽 (うち2018年生 3羽)
・長岡市トキ分散飼育センター 16羽 (うち2018年生 6羽)
・佐渡市トキふれあい施設 3羽 (うち2018年生 1羽)
合計 197羽 (うち2018年生 36羽)
 
などなど、トキについて、感じるままに書きとめてみました。

以下には、私のトキとの楽しい思い出をいくつかはっておきます。 

 

「トキのいる動物園」「トキ(亜)科のいる動物園・水族館」での足あと帳

◆いしかわ動物園「トキ里山館」

おもしろいですよ!!
動物園・水族館でのトキの飼育展示。

*1:

※2017年春までは、「3年前の年末のデータです」などといった記載があり、いまひとつ信頼性に欠けていました。

※現行システムにも、データ年度の記載の要請もしたいところですが、まずは年度データの毎年の更新を願います。

※JAZAの公式ウェブサイトの「飼育動物検索」と CPOS( コレクション計画オンラインシステム)データのリンクプログラムが、徐々にではありますが進みつつあるってことでしょうか?より拡充を望みます。