アリエスコム(ARIEScom.jp)へようこそ

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業「アリエスコム(ARIEScom.jp)」関連やウェブでの収益化関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

コアラを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

便利で役に立つ JAZA公式サイトの「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟園館で飼育されている動物を検索できます。

 

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)

http://www.jaza.jp/

◆動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す

http://www2.jaza.jp/animals/search01.php

 

2017年春に検索システムが改修されたので、登録データも以前より新しくなって、使える!ようになりました。2017年春までは、「3年前の年末のデータです」などといった記載があり、いまひとつ信頼性に欠けていました。

※現行システムにも、データ年度の記載の要請もしたいところですが、まずは年度データの毎年の更新を願います。

※JAZAの公式ウェブサイトの「飼育動物検索」と CPOS( コレクション計画オンラインシステム)データのリンクプログラムが、徐々にではありますが進みつつあるってことでしょうか?より拡充を望みます。

 

コアラを飼育しているJAZA加盟園

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索を使って、「コアラ」を検索し、その結果を一覧にしてみました。 

f:id:tsukunepapa:20180613084338p:plain

コアラを飼育している動物園(日動水・JAZA加盟園)

 上記の表をみての感想を以下に・・・・。その前に最近のニュースを貼っておきましょう。 

★コアラ2匹が仲間入り 飼育数は国内最多10匹 鹿児島・平川動物公園

www.nishinippon.co.jp

九州で唯一コアラを飼育する平川動物公園(鹿児島市)に、オーストラリアの飼育施設から新たに2匹が仲間入りした。同園の飼育数は国内最多の10匹。今月上旬から一般公開され、人気を集めている。

2匹は雄のバンブラ(5歳)と雌のジェイン(3歳)。

 

鹿児島市 平川動物公園 — 新たに来園したコアラの公開について

2018年5月8日に名古屋市東山動物園から平川動物公園に迎え入れたコアラを一般公開いたします。

【公開するコアラ】

名前:ミライ

性別:メス

生年月日:2008年10月25日(9歳)

出生地:東京都多摩動物公園

来園年月日:2018年5月8日

【公開日時および場所】

5月19日(土) 午前10時30分頃 コアラ館屋外展示場

 

★コアラ:赤ちゃん命名 「りんです。よろしく」 東山動植物園 /愛知 - 毎日新聞

mainichi.jp

毎日新聞2018年5月14日 地方版
東山動植物園(名古屋市千種区)で昨年8月に生まれた雌のコアラの名前が、来園者らの投票で「りん」に決まった。同園が決めた五つの名前候補への総投票数1万4673のうち、4388票を集めた。13日に同園で命名式があり、命名者を代表して3人に記念品が贈られた。

「りん」は豪州・シドニーのタロンガ動物園から無償で譲り受けた雌「ティリー」と、昨年12月に死んだ雄「マックス」の間に生まれた。

 

★王子動物園『新入りコアラ「ピーター」の一般公開』 神戸市灘区

kisspress.jp

公開日 2018年5月31日~

5月16日に名古屋市東山動植物園よりオスのコアラ「ピーター」が王子動物園(神戸市灘区)に来園、5月31日より一般公開が開始されている。

ピーターは名古屋市東山動植物園で飼育されていた2歳のオスコアラで、今後は神戸市立王子動物園で飼育されているメスコアラ「ウメ」「ウミ」「オウカ」「ぼたん」との間で繁殖を試みるという。同園では、2014年から毎年続いている赤ちゃんコアラの誕生に期待を寄せている。

 

★凜とした顔つき、名前も「りん」です コアラの赤ちゃん:朝日新聞デジタル

www.asahi.com

2018年5月15日05時09分
名古屋市の東山動植物園で昨年8月に生まれたコアラの赤ちゃん(メス)の名前が13日、「りん」に決まり、コアラ舎前で命名式があった。

 

★コアラの「ニーナ」が埼玉県こども動物自然公園から来園します

www.tokyo-zoo.net

多摩動物公園での飼育状況(2018年6月7日現在)
 1頭(オス1、メス0) ※今回来園する「ニーナ」は含みません。

 

お待たせしました、では、上記の検索結果表をみての感想を以下に・・・・。

1.1984年および1985年にオーストラリアのタロンガ動物園から日本の多摩動物公園、東山動植物園、平川動物公園の3園に贈られたのが日本でのコアラ飼育の魁と記憶しています。日本では“コアラ・ブーム”が沸き上がりましたね。

2.1986年に埼玉県こども動物自然公園・横浜市立金沢動物園、1987年に淡路ファームパーク、1989年に大阪市天王寺動物園、1991年に神戸市立王子動物園、1996年に沖縄こども未来ゾーンと増えた。

3.2010年に沖縄こども未来ゾーンで飼育されていたコアラが死亡。2018年6月現在、日本国内でコアラを飼育している動物園は8園。

4.天王寺動物園のコアラは1頭で、将来の飼育計画からはコアラがはずされていると聞き及びます。理由は高いエサ代にあるとか・・・

www.sankei.com

2017.1.23 サンケイ

大阪からコアラいなくなる? エサ高過ぎ、天王寺動物園が飼育断念へ

動物園の人気者コアラが、繁殖の困難さや高額な餌代などを理由に、大阪府内で今後、見られない可能性があるという。府内で唯一コアラを飼育している大阪市天王寺動物園(同市天王寺区)が維持コストの高さを理由に、現在残る1匹を最後に飼育を取りやめることを決めたためだ。

・・・来園者のコアラ人気は高いが、実は、同園では一昨年、飼育動物の選定計画を検討する有識者会議で、コアラについて「維持困難」と判断、自然減による撤退を決定した。

理由は繁殖の難しさと高額な餌代だ。

コアラは繁殖協力のため、他園と貸し借りされるケースが多いものの、北方系と南方系の2種のうち同系統のコアラとしか繁殖ができない。天王寺動物園の場合、同じ南方系を国内で唯一飼育している「淡路ファームパーク・イングランドの丘」(兵庫県南あわじ市)と繁殖協力をしているが、交配は容易ではない。

一方、餌代も年間数千万円かかる。天王寺動物園では、3匹を飼育していた平成27年度の飼育費が約6千万円で、このほとんどがユーカリの栽培委託費だ。

・・・天王寺動物園では、大阪府や鹿児島県など4府県5カ所でコアラの餌のためだけに約20種のユーカリを委託栽培しているが、「リスクヘッジを考えると栽培地の数は減らせない」(同園)としている。

 

などなど、感じるままに書きとめてみました。

以下には、私のコアラとの楽しい思い出をいくつかはっておきます。

 

◆埼玉県こども動物自然公園

埼玉県こども動物自然公園 20180512 | Facebook

 

◆Album-コアラ Flickr

flic.kr

コアラ

 

おもしろいですよ、動物園でのコアラの飼育展示。