アリエスコム(ARIEScom.jp)へようこそ

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業「アリエスコム(ARIEScom.jp)」関連やウェブでの収益化関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

キリン科(キリン、オカピ)を飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

役に立つ 日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)公式サイトの「飼育動物検索」

日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟園館で飼育されている動物を検索できます。

 

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)

http://www.jaza.jp/

◆動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す

http://www2.jaza.jp/animals/search01.php

 

2017年春に検索システムが改修されたので比較的登録データも新しく役に立ちます。

※データ年度の記載の要請もしたいところですが、まずは年度データの毎年の更新を願います。

※JAZAの公式ウェブサイトの「飼育動物検索」と CPOS( コレクション計画オンラインシステム)データのリンクプログラムが、徐々にではありますが進みつつあるってことでしょうか?より拡充を望みます。

 

キリン科(キリン、オカピ) を飼育している動物園(日動水・JAZA加盟園)

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で「キリン」「オカピ」を検索し、その結果を一覧にしてみました。 

f:id:tsukunepapa:20180113110027p:plain

キリン科(キリン、オカピ)を飼育しているJAZA加盟園

 上記の表をみての感想を以下に・・・・。

1. JAZA公式サイトの「飼育動物検索」で、「キリン」を検索して、まず思ったのは、”確か、アミメキリンは純血かどうか確認のしようがなくて、すべて「キリン」と表示することになったんじゃなかったっけ?”ということです。上の表をみるかぎり、岩手サファリパークや那須サファリパークは、「キリン」も「アミメキリン」もいるってことになっていて、表記の徹底がわるいのか?データベースへの登録ミスなのか?はっきりしてほしいです。「アミメキリン」として登録されている個体が本当に純血アミメキリンであると判明しているのならそれはそれでよいことだと思います。とにかく徹底してほしいですよね。

2.マサイキリンに関しては、円山動物園で2017年8月13日に雄のユウマ(21歳)が他界し、円山にはキリンがいなくなってしまいましたね。
これで、北海道にはマサイキリンがいなくなり、また、本州の日本平・王子からマサイキリンがいなくなったことをうけ、マサイキリンは四国(徳島)と九州のみということになりました。
熊本のマサイキリンのリキ(日本平生まれ。父・故トッポ、母・故リン)が心不全のため2017年10月4日に他界し、また熊本から「冬真(とうま)」【母・故ラン(円山生まれ_父・故タカシ、母・故タカヨ)、父・故リキ】が“宮崎コユメの元に婿入り”したことで、現状では繁殖の期待できるのは平川と宮崎のみになってしまいました。

熊本が、まだ若い雌の「小春」【父・故神平、母・故ユキ(1991.3.21‗円山生まれ‗父・故タカシ、母・故タカヨ、2010.4.10没)】とその息子「秋平(しゅうへい)」(父・故リキ、母・小春)の2頭飼育。

平川が 2016年生まれの「ハヤテ」(2016年9月8日生まれ)とその母・「アヤメ」(1995年6月29日平川生まれ、その幼い父・「ハート」(2010年1月20日‗日本平生まれ。父・故トッポ、母・故リン)の3頭飼い。

熊本(2)・平川(3)・宮崎フェニックス(2)の現在計7頭の連携でなんとか命をつなぎ留めていただきたく思います。

 
【熊本市動物園のマサイキリン(2016年9月17日撮影)】

冬真(とうま) 君が、チビッ子(この後「秋平と命名」にちょっかい出して、故ランのいる奥の方にに走り出し、秋平の母・小春が心配して追いかける…。右には故リキ。

 

www.facebook.com

 

(2018年11月15日追記)

木下大サーカスを引退後、2016年9月から那須サファリパークで暮らしていたマサイキリン「マサイ」(オス)が30歳で永眠。

3.アミメ系キリンに関しては、近年でも天王寺や日本平やズーラシアなどにアメリカから移動してきており、まだまだ海外からはいってくることも期待できるのでしょうか?

4.市原ぞうの国のキリンは、さゆりワールドの個体ってことでよいのでしょうか?

5.オカピに関しては、上野動物園と金沢動物園は高齢個体の単独飼育となっていますので、もうズーラシアに「よろしくお願いします。」とお願いするばかりです。

6.最後になりますが、私ども素人の目には、キリンに関し、”突然死”と思われるニュースがよくキリンには多いようです。ハズバンダリートレーニングや削蹄など、飼育技術も向上しているものと信じます、ので、どうかその技術の普及と徹底をお願いする次第です。

 

などなど、感じるままに書きとめてみました。

面白いですよ!!動物園でのキリン科(キリン、オカピ)の飼育展示。