アリエスコム(ARIEScom.jp)へようこそ

おひつじ座(アリエス)生まれの つくねパパ が 、コミュニケーション最適化運用支援事業「アリエスコム(ARIEScom.jp)」関連やウェブでの収益化関連でつぶやきます。が、大好きな「生き物探訪」寄りの記事が多くなっていましたらごめんなさい。

ゾウを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園)

便利で役に立つ JAZA公式サイトの「飼育動物検索」

動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟園館で飼育されている動物を検索できます。

 

◆日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)

http://www.jaza.jp/

◆動物園水族館協会(日動水・JAZA)>飼育動物検索>動物を探す

http://www2.jaza.jp/animals/search01.php

 2017年春に検索システムが改修されたので比較的登録データも新しく役に立ちます。

 

ゾウ を飼育しているJAZA加盟園館

さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索を使って、「ゾウ」を検索し、その結果を一覧にしてみました。 

 

f:id:tsukunepapa:20171003190112p:plain

 

上記の表をみての感想を以下に・・・・。

1. JAZA公式サイトの「飼育動物検索」で、「ゾウ」を検索して、まず思ったのは、”あれ?ゾウを飼っている動物園ってJAZA加盟の動物園91園中45園しかなくなっちゃったんだぁ”ってこと。
アジアゾウ系の飼育園が35園、アフリカゾウ系の飼育園が15園、アジアゾウ系もアフリカゾウ系も両方飼育しているのは、多摩動物公園・市原ぞうの国・富士サファリ・東山動物園・アドベンチャーの5園ということになります。

2.ただし、この検索結果となっている情報登録の後も、桐生が岡動物園のアジアゾウ「イズミ」、福岡市動物園アジアゾウ「はな子」が天寿を全うして、桐生が岡や福岡市動物園はゾウのいない動物園となってしまいました。また、アフリカンサファリもその名の下であっても、いかんせんアフリカゾウの血はつながらなかったということなのでしょう。アジアゾウの繁殖で辛うじてゾウのいる動物園(サファリパーク)となっている状況もあったりします。

また、アジアゾウ、アフリカゾウそれぞれメスだけの単独飼育の園もあり、ゾウのいない動物園は、今後も増えていきそうです。

f:id:tsukunepapa:20171001130626j:plain

 

3.種・亜種名に関しては、
国内唯一のボルネオゾウで知られる福山の「ふくちゃん」は「ボルネオゾウ」としての登録ではなく「アジアゾウ」での登録なんだぁと思いました。
また、スマトラゾウ(「アスワダ♂」「イダ♀」)を飼育している唯一の群馬サファリパークでは、2017年8月に研修生がアスァダに踏まれる事故を起こしたけれど、なんとか繁殖にこぎつけて欲しいものですね。それともっとスマトラゾウのことをPRしてくれてもいいのでは?と思ったりしてます。
そして、「インドゾウ」「セイロンゾウ/アジアゾウ」「アジアゾウ」の登録分類が、明確に基準があってのことなのか?純血さが不明な場合は皆アジアゾウとしているのか?など、明確にしてほしいなぁと思います。

「アフリカゾウ」には「マルミミゾウ」はあっても「サバンナゾウ」は登録カテゴリー無いんだぁと思ったりもしています。 

4.長寿個体としては、オスでは多摩動物公園のスリランカゾウ「アヌーラ」、メスでは おびひろ動物園のアジアゾウ「ナナ」ということになりますでしょうか?

5.欧米の動物園ではゾウの飼育は、(ペアではなく)群れ飼育が基本となる中、海外からゾウを迎え入れるにしてもそれ相当の設備が必要になりますね。私の知る限りでは、札幌の円山動物園や多摩動物公園での計画や、京都市動物園、東山動物園、徳山動物園などでの新施設での動向が気になります。

 

【多摩動物公園で建設中の 新・アジアゾウ舎】

f:id:tsukunepapa:20170930165746j:plain

f:id:tsukunepapa:20170930165748j:plain

 

6.市原ぞうの国 と 沖縄こどもの国との ペアリングでの連携や、市原ぞうの国 と のんほいパーク(豊橋)や王子動物園との繁殖・出産・育児での連携など、大規模な群れ飼育ができない環境にあっても、連携にて実績をあげつつある傾向も明るい方向といえましょう。

7.福山のボルネオゾウ「ふくちゃん」に関しては、結核と診断され、闘病を続けている状況とうかがいます。市民の応援隊も結成され、ふくちゃん自身の「闘病記」を掲載するフェイスブックも立ち上げたられたとのこと。結核治療中のエンリッチメントのあり方の検討や結核克服後の展開にも期待します。

(参考)◆「エンリッチメント大賞2017」奨励賞 ボルネオゾウの科学的かつ献身的なウェルフェア向上に向けた取り組み(福山市立動物園)

エンリッチメント大賞2017

 

(2018年9月追記)
8.仙台市八木山動物公園、秋田市大森山動物園、盛岡市動物公園の3園がそれぞれ飼育している雌のアフリカゾウを移動し、雄雌のペア環境を変えることで繁殖につなげる

東北の3つの動物園が連携してアフリカゾウの繁殖に取り組みます(発表資料)|仙台市

仙台市八木山動物公園、秋田市大森山動物園、盛岡市動物公園の3園がそれぞれ飼育している雌のアフリカゾウを移動し、雄雌のペア環境を変えることで繁殖につなげる。

今年度は大森山動物園の花子を八木山動物公園へ移動し、八木山動物公園のリリーを大森山動物園へ移動する予定。 

8.最後に、ここ数年の親しみ深いゾウとの別れは、たいへんつらいものがありました。
はな子、太郎、マーラ、アフ、春子・・・。どうか安らかに。

 

などなど、感じるままに書きとめてみました。

以下には、私のゾウとの思い出写真を載せていく予定です。

◆井の頭自然文化園 アジアゾウ 故・「はな子」
アジアゾウ「はな子」67歳のお祝い会がありました。20140202@井の頭自然文化園

 ◆多摩動物公園のスリランカゾウ「アヌーラ」(オスのゾウとして国内最高齢

 ◆市原ぞうの国 ぞうさんショウのステージへ行進

◆日本平動物園アジアゾウ「ダンボ」「シャンティ」

 ◆豊橋のんほいパークのアジアゾウ故「マーラ」

アジアゾウの赤ちゃん「マーラ」

 ◆天王寺動物園のアジアゾウ故・「春子」

 ◆とべ動物園に在園中のアフリカゾウ「砥夢(とむ)」

面白いですよ!!動物園でのゾウの飼育展示。